スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の歌

洗濯機のふるえる音の胃に重く答えを言わせる男のごとし

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

今日の歌

かなしみは思い出すまい両まぶた蓋をしながら施すエステ

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

今日の歌

笑うほどにも泣くほどにもない曇天が飛行機飛ばす 言うならば今

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

今日の歌

透通る風を運べり健やかに憂える若き人の恋歌は

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

今日の歌

ベランダの足場のむこう重く降る雨に消されて此処だけ未来

細胞が水吸い上げて花咲けるごとしも地黒に散らすスチーム

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

今日の歌

繋がれた猫、庭先にどうしようもなく寝ておりて人来るまでを

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

今日の歌

信ずるのうらに悲しみもちて引き返し引き返すたび遠くなる駅



以前の作った歌を具体化させました。

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

今日の歌

塗装用養生シートが外されてカステラ色に陽は伸び来たり

幼きは会社とう仕事と思いきいつもいつも「会社」と言いしを

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

五月の歌

人前に笑ってみても一弗は八十円なり昨日も今日も

怒りつつざる蕎麦食みてなお泣きて空はまるごと青く動かず

「なにをそんなに怒ることがあったの」と撫でくれる日も歌会にはある

三駅の山の表と裏までを早口にして人と別れき

ひょっこりと熱の出で来ぬ なぐり書きするかのような風が背にきて

お徳用生たくあんが減りながら熱さまシートはぬくもりてゆく

「生でないたくあんあるか」と吾が言えば「はよ寝なさい」と夫が言いおり

再燃かとおもいて首に触れる手は病名を引く辞書に届かず

食洗機の音をベッドに聞くのちはバタフライする夢に入るかも

どの先も今日までは残る今日部屋に欠詠したる五月の「塔」読む

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

今日の歌

どの先も今日までは残る今日部屋に欠詠したる五月の「塔」読む

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

今日の歌

再燃かとおもいて首に触れる手は病名を引く辞書に届かず

食洗器の音をベッドに聞くのちはバタフライする夢に入るかも

もうやめたと思う日は今日か今日かって思いつつ結句走り書きする





テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

今日の歌

雨の日の段ボール箱に居た犬の心地か 満員電車に埋もる

眠るとはゆれてゆらされひとりでに止ろうとするブランコのごと

算数のできる柴犬褒めおれば人はそんなにえらいかと子が言う

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

今日の歌

話すことなければ空で映画みようガラスのはこに掬われながら

今日の歌

三度会い惚れたる人を思い出す三日読み続く歌に出会いて

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

今日の歌Ⅱ

二人きりになり一人きりになるどちらからともなしに鍋をつつけり


テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

今日の歌

大つぶを落して空はまっすぐに泣くなり人の前に泣くなり

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

今日の歌Ⅱ

信ずるのうらに悲しみもちて春 霞みて在れり山のむこうは

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

今日の歌

怒りつつざる蕎麦食みてなお泣きて空はまるごと青く動かず

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

今日の歌

母の死を電話に知りしとう義姉の電話に向かう山がはだかる


テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

今日の歌

寂しさが溢れるほどに家々は屋根の片側だけを光らせる

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

今日の歌

大酒を飲みくだを巻きくだらない女であるが人ではあろう

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

今日の歌

悔しがる子に何か言わなくちゃ言わなくちゃ言わなくちゃだけ心が言えり

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

今日の歌Ⅱ

側溝に黒いものだけ残されて薄桃色の花びらがゆく

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

今日の歌

思い出と言うには汚れ過ぎし日のその後を五度(ごたび)桜咲き散る

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

今月の歌

パンの耳袋にもちてこの先の白鳥池まで歩みしをゆく

揚羽蝶が怖い吾の子も怖がりてこの時期いつも夫はおらざり

暫くは誰のものでもなきおんな天神川の桜をくぐる

慣れる日と慣れぬ日ありて逆光に透ける桜はひとり楽しも

唐突に吹きだす風のゆく方へなびける髪を猫のみが見つ

子はいつかこれに乗りにき あきらめるあきらめないを揺らすブランコ

肌さむき夕にはおでん種買いてやっぱり吾は妻であり母

暗がりの窓の向こうに浪人の子も見ていたり 溶けそうな月

雨だろう明日に近づく夜は深く部屋をつつみて子は眠ったか

出張のたびブレスレット増ゆ一度だけついて行きたいと言いし日のあり


(例によって一部改作しました)


いつも見にきてくれる方々、すみません^^
見るたびにチョロチョロ変わっているでしょう?
まぁ、いつものことだけども。
でも、これ以上は多分変わりません! と思う。






テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

今日の歌Ⅱ

出張のたびブレスレット増ゆ一度だけついて行くとぞ言いし日のあり

少しずつ木の床の色濃くなりてなお濃く在れる妻でありたし





テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

今日の歌

唐突に吹きだす風のゆく方へなぴける髪を猫のみが見る



テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

今日の歌

暫くは誰のものでもなきおんな天神川の桜をくぐる

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

今日の歌

虚しさに触れあうのなら今だろう窓の開閉ちを夜半が伝える



テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
最新記事
メールフォーム
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

西野明日香

Author:西野明日香
ようこそいらっしゃいました!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。