スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五月

毎夕にボール追う犬来ぬなれば風吹き渡る冷きグランド

雨打つとき花香るとき焦がれるということむかし確かありにき

あかねさす二十八星は雨風が過ぎた網戸の裾に来ていし

風車まわらぬほどの風となり二十八星のいないベランダ

薄青の山のふもとに光る街そのひとところクリーム泡立つ

夫はまたひとり荷持をつめた朝物音立てずアメリカへ発つ

筋力をつけよと子の言うトレーニングふたつ終えたり芋も煮えたり

風に揺れるシャツ取り込んでいつか子がいなくなる日のひとつ暮れゆく

ああ鳴けばこう鳴く鳥がいる空をあしたは夫が降りて帰らむ

「うんいいよ」っておとこが応える婚約はどうかと思いて子に肉食わす

スポンサーサイト

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
最新記事
メールフォーム
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

西野明日香

Author:西野明日香
ようこそいらっしゃいました!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。