スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今月の歌

待ち侘びていることのなくしずもれる師走の床に折りたたむ足

日本茶をちびちび啜る夕のごとき二楽章には薄日が似合う

十代に別れし人は前髪の寝癖のままに夢に会いに来

初恋にくすぐられいる感覚の朝はバランスを取るクッキー食む

その人のために死ねるかと問われてより「愛」口にせず四半世紀過ぐ

一様に黙すべきこと黙しつつちんすこう食む職場は海原

夫の居ぬ間に「淡麗」抜けば画面より力の入りしハングル語飛ぶ

それぞれの合鍵に集う明るみに影ぽつぽつと濃くして居れり

ガリガリ君膝を抱きて噛む吾子の歯ぎしりに似る感傷なくに

溶けるほど眠る間も指先で調子っぱずれのカモンする夫

スポンサーサイト

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
最新記事
メールフォーム
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

西野明日香

Author:西野明日香
ようこそいらっしゃいました!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。