スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2人で電話批評会^^

時折、電話批評会を行います。

批評会って言ったって2人ですが。

同じ短歌会に属し、共に教室に通うお姉さまとお世辞抜き、ためらい抜きの
批評会。
その発言は、だんだん得られる信頼と共にエスカレートしてきている今日この頃です。

電話で行うものだから、今日もあったのですが「言うがに」を「優雅に」として
しまうという弊害があるので、お互いノートに書き出してから評します。

いつから始まったのか?
それは、思いがけず頂いた先方からの一枚のお葉書からでした。
そういう方との出会いは、やはり大切にしたい。
けれど私は、短歌を詠む人なのに口頭で伝えることがかなり下手。
毎月の教室でも、歌会でも人様の歌を批評するのは苦手で、順番が来るまでに
いろいろと「こう言おう」「ああ言おう」と思うことがあったはずなのに、
その半分も言えずに、それどころか、とんでもないことを口走ってしまう。
心とは裏腹な言葉を発してしまう。
けれど、いつも隣の席に座るお姉さんは、私のそんなところも受け入れて
くださった。
人見知りの激しい私は、子供の頃からずっと個人対個人の付き合いを好んできた
から「全体の中の私」の存在を意識すると辛くなっていたけれど、そのスタンス
が今になっても変えられないということは、一生変わらないのだろう(汗)

それでも、そんな私の性格を知ってか知らずか、お姉さまは、私の感じるところを
こうして電話で引き出してくれる。
「あなたってどんな脳しているのかしら?^^」なんて言われつつ、一風変わった
感覚を受け止めてくれる。
とても有り難いことで、だけどそういう人の優しさばかりに甘えていてはいけない
とも思う。思うけどやっぱりどう転んでも私は甘えん坊なんだと思う。
一度、信頼できると感じたら私は容赦なく突っ込みを入れてしまう。
その代わり、私の歌、私自身に対する批評も厳しいものであっても、それを
喜びと思える。数は多くないけれど、そういう人が何人かいて、今日の私がいると思う。
電話批評会は、とても有意義。
いわゆる「ひとりよがり」な歌が私にどれほど多いか気づかせてくれる。
一読してもらって、私の意とするところからかけ離れた読みを聞かされる。
私の意を言うと、「それだったらばこの表現をなんとかしよう」と指摘してくれる。
そして共に考えてくれる。
それはお互い様である。

表現の難しさは、短歌だけでなく全ての書き言葉、話言葉において感じるけれど、
私は人に生まれてそれがコミニュケーションの基本と思うから、どういう形で
あっても指摘は真摯に受け止めたいと思う。インターネットに於いては、生で
お会いする機会もない方との接触もある。それだけに、人物像の想像が膨らんで
しまう。その想像が思い込みに繋がってしまう。
そういう怖さはあるけれど、できるだけ特に最初は好意的に受け止めたいと思う。
ただ一点だけ。
お願いするとするならば、継続的に私のブログで使用されるお名前をお決め願い
たいと思う。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめまして

電話批評会、どんな激論がかわされるのかにゃ

ネットバズ様へ

はじめまして。

自分の歌を他の方がどのように読まれるかを直接聞けるのは、とても勉強になります。
そしてどの表現が、読み違えの原因になったのかを考えさせていただけます。
毎回「あーっなるほど!そうか、そう読めてしまうなぁ」ってことを気づかされています。
最近の私の歌もコテンパンに・・・・・^^
でも、楽しいですよ。
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
最新記事
メールフォーム
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

西野明日香

Author:西野明日香
ようこそいらっしゃいました!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。