スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イケメン4人組!

長い間、右首のリンパ節が5つほど腫れたままで引かなかったので
先週生検に出すべく、そのうちのひとつを切除してきました。

木曜日に血液内科の医師から耳鼻科に紹介状を書いてもらって
その日のうちに受診して、次の日の午後には手術台の上でまな板の
鯉状態に。
ここの病院は全体的に若い医師が多く耳鼻科の医師の平均年齢は30歳
と言ったところだろうか。

そうそう、こういう小さな手術は過去に何度も経験しているけれど
いつも病院が違う^^
「ここはどんな手術室だろぉか?」なんてことに興味を持ちながら
看護士さんに一番奥の手術室を案内していただいた。
長い通路にいくつの部屋があっただろうか。どの部屋も開けっ放しで、
だからその最中が眼に入る(汗)
その一番奥のお部屋。
古い暗い病院を一新して、とても綺麗になった病院、ここではTV
ドラマに出てくる手術室のように、有線が流れていた。
手術着に着替えて、台に乗るときは背中のマグネットはバラバラーと
外されるので、いつものように冷たくて泣きそうになるはず・・・・・・

と思いきや、なんと暖かい!!!
オオーーーッと思わず感動の声を発してしまった^^

そんなことより、待ち受けていたのは3人の看護士と4人の医師。
そう、平均年齢30歳くらいのイケメン4人組っ。
「なんだか恥ずかしいなぁ・・・・・」と思っていたらば首以外の全身を
緑色の布を何重にも被せられ、何も見えなくなってしまった。
しかし、カッコイイ声は聞こえる。
準備をする間も緊張をほぐすためか、色々と話かけてくれる♪

左手に点滴、右手に時折ぎゅーっと絞まる血圧を測るための巻物(ナニソレ)
をして指に脈を計る装置(?)などをしていよいよ術が施されるわけだけども、
点滴をしているので、私はてっきりそこから麻酔を注入するものと高をくく
っていた。
が・・・・・・悲しいことに直接首に局所麻酔を打たれた(これが一番つらい)
「えーーーーーっそこに麻酔するの?」とダダを捏ねる。
「当たり前じゃないですかー、打たなきゃそらもー痛いですよ?」と
イケメンが言う。
いや、そゆことではなくて・・・・・・何のための点滴?
としつこく言う私。
「こんなところから入れませんよ!^^」
エエーン笑ったなーっ(泣)

今風のイケメン医師も手術を始めるとなると、やっぱり緊張の声だ。
「〇〇〇子さんのリンパ節摘出術を始めます」なんて、セリフで
始まり、いよいよレーザーメス(多分^^)で少しずつ切る音がする。
執刀医は看護士に手渡して欲しい器具の名前を言う。
言うのだけども・・・・・・

「モスキートく~ださ~い♪」「あざーす♪」
「メッスく~ださ~いっ♪」「あざーす♪」
「おお?敵はこれか?これだなぁ~~♪」

ぁぁ・・・吾子もこれだろうきっと・・・・・

でも!!イケメンはお得です。
縫合に入ったらもうこっちのもんっと、事業仕分けの話について
患者の前で盛り上がってしまってもイケメンはお得です。

私はなんだか楽しい時間でしたので♪






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

うわっ

大変だったんですね!
もう記事が打てるほど…?
ムリなさいませんように。

しかし、会話を聞きながら…というのに
笑いにしてしまうなんてすごいです(笑)

私、昔
足の手術をしたことがあるんですが、
「はじめます」の声で
ふーーっと気が遠くなりましたよ~(笑)

いさなさんへ

あざーす♪

もうこの言葉が頭にこびりついて^^

それがね、麻酔が覚めたら痛いんだろうなと
思っていたけど、全く痛くもなく、当日だけ
ちょっと変な感じだった程度だったの。

それより、毎日お出ましになる熱がくどいっ^^
なんかもー熱と友達みたいになっちゃってるヨ。

いさなさんは、その細く美しいおみ足を?(泣)
ダンスをいつか見せて貰わなくちゃいけない
んだから、大事にしてね♪
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
最新記事
メールフォーム
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

西野明日香

Author:西野明日香
ようこそいらっしゃいました!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。