スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観覧車

コマ送りのやうに観覧車降りてゆく空をかすめてなほも告げへず
スポンサーサイト

テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

ふわぁ~

明日香さんの歌、素敵ですねえ…
素敵と思う歌ってやっぱり、芯があってドラマがあるんですよね。
この歌だけじゃなくて、明日香さんの歌にはそーいうのがぎっしり詰まっている気がします。
「ふわぁ~」は、感嘆のため息です(笑)

いさなさん

こんにちはぁ。

私はいさなさんの感性が羨ましいといつも思っているのです!
遠い昔のひとコマを思い巡らしたりして歌に引っ張り出して
いるのだけれど、そうして振り返りながら亀の速度で今を
過ごしていて、その作業が貴重なことのように思います。
ああ、もう10年早く短歌に出逢っていれば良かったーと
後悔したりしています^^
しかし、こうして街のどこかで共感をし合える人が居るのだと
思うとすっごく嬉しい^^
ありがとうございます。

こんばんは

「コマ送り」という表現、観覧車の箱が次々に
めぐる様子の表しかたとしてうまいですね~。
情景がありありと浮かんでくる歌です。

観覧車といえば栗木京子さんの歌を思い出します。
あの歌に負けないくらいすてきです。(^_^)


こんばんはぁ 麦太朗さん

このお歌、元歌がこれで実は「コマ送りのやうに観覧車雑踏に運ばれてゐてなほも告げへず」に改作して、師匠に評をいただいたら、「観覧車と雑踏がくっついているのが不自然だから、もう少し考えて」と言われて元に戻したわけなんですが、お心に届いて凄く嬉しいです!
ありがとうございます。
観覧車が大好きで、でもいつもコマ送りのように刻々と降りていってしまう。告げたかったことが何も告げられないままに・・・・って今振り返るとそんな恋愛ばかり^^

栗木京子さんの歌
「観覧車回れよ回れ思ひ出は君には一日我には一生」ですね。
私はこのお歌を読んで震えるほどの感動を覚えました。
大先輩のお歌にほんの少しでも近づけたのでしたら更に嬉しいです。
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
最新記事
メールフォーム
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

西野明日香

Author:西野明日香
ようこそいらっしゃいました!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。