スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五首選会に参加させていただきます。

中村成志さま

 こんばんは^^100首、お疲れさまでした。

今年初めて五首選会に参加させていただきます。西野明日香と申します。
私の拙歌から五首選ぶのは苦労しましたが、なんとか揃えました。
どうぞ宜しくお願い致します。

自選五首

「迷い~決断」


泣いたって助けてくれないことくらい知っているからアイライン引く

寂しさを街まで売りに来る人のマッチ全部買ってしまいました

筋書きは決まってたんだ 一編のそこにわたしがいてもいなくても

長三度移調して吹く口笛でやぶれたものを君は繕う

しなやかに落ちてゆく葉の一枚になりたく探す東南角部屋


始まりがあれば終わりがある。という一連の過程を五首選びました。
満足のいくものではありませんでしたが、多くの方の批評をお待ち
しております。
宜しくお願い致します。
題詠2009の全てはこちらです。

(追記)訪問させていただいた方のブログに私のURLを残し忘れてしまっているところ
があると思います(汗)
普段から残す癖がありませんで、つい忘れてしまい失礼してしまっております。
お許しを・・・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

五首選「脈絡なし」

011.もう一度遇えるのだろうか不意に来る軽い嫉妬で始まる恋に

022.とりあえず職業欄にある「主婦」です夫は時折主夫兼務です

035.休日をロンドン気分で過ごすべくスコーンさえも甘さが足りない

054.どの道も君には辿りつけなくて首都高速に引き戻される

083.憂鬱を抱える少女の指先で折りつくされる鶴のあとさき

はじめまして。
五首選会に参加させていただいております。
特に何か共通するテーマを考えず、単純に好みの歌を選んでみました。
011と054は自分の歌に通じる女性側から見た恋愛の難しさを感じ、022にはユーモアを、083には少女時代の屈折した思いのようなものを感じました。

蛇足ですが、Blogタイトルがユーミンのややマイナーな曲名というところに惹かれます(笑)。

五首選【かあさんは乙女】

【かあさんは乙女】

002.おそらくは今日一日で消えてゆく傷 壁紙の継ぎ目を見つつ

015.型枠に収まりたくない少年の形残した毛布ほやほや

057.そうろっと縁日の夜の金魚のごと私をすくってもらえませんか

093.今更に救えなかった「ごめんね」のくきやかな文字鼻骨に沁みる

099.ざっくりと拾い集めた心情を閉じてまた母に戻る夕暮れ


こんばんは、久哲です。
厚くて、眩しいです。

堅実な生活者であろうことは読ませていただいた
限りにおいて、想像は出来ます。
だが、あなたが何歳であろうとお若い。

これは軽薄とかではなく、しっかりと土台に組み入れられた
羨ましいぐらいのぶ厚い武器とも言えますね。

よって、母であり妻でもあるが乙女。
変な観点ですが、それぞれの視点が甲乙つけがたく良い。
ですから「かあさんは乙女」

015、057のお歌なんて、心洗われるようです。
眩しかったです。

ありがとうございました。

桶田 沙美さま

 拙歌を選歌いただき、ありがとうございました。
022は意外でしたが、いつか職業欄に「主夫」も作ってあげてほしいもんです^^

久哲さま
 「若い!」と言われることが何よりも嬉しい私です!!
ありがとうございました。
可愛く年を取りたいもんです。

五首選

西野様、はじめまして。よろしくお願いします。
五首選ばせていただきます。未熟で勝手な読みですが、ご容赦ください。


007.ビッグマック空ごとかじる君と見た青の深さを思うランチどき

015.型枠に収まりたくない少年の形残した毛布ほやほや

031.もう遠い僕らの夏よてっぺんから広がる海の青さのごとく

054.どの道も君には辿りつけなくて首都高速に引き戻される

083.憂鬱を抱える少女の指先で折りつくされる鶴のあとさき


淡い想いが詰まったお歌、いいですね。
テーマを決めずに好きな歌を絞っていくうち、一つのイメージに出会いました。
「少年っぽいってこういうことかな」って思ったんです。
そうしてこの五首に絞りました。
005、020、045、057,100
を諦めるのはつらかったけれど・・・

うまく言えてないですね。すみません。

5首選「私にしかなれない」

5首選「私にしかなれない」

わたしたちが透明だった頃の歌コンビニで聴く 何もいらない

決断をするにはここは広すぎてあの橋渡る風を見ている

どの道も君には辿りつけなくて首都高速に引き戻される

そうろっと縁日の夜の金魚のごと私をすくってもらえませんか

ざっくりと拾い集めた心情を閉じてまた母に戻る夕暮れ


好きなものを選んでいったら、
一首のなかにストーリーを感じさせられるものが残りました。
その歌の背景を様々に想像することができ、奥行きがあって楽しめるます。
だけど、最終的には「私は私にしかなれない」というすこし寂しいところに帰着するような、
そんな物語に感じました。(と言ってしまうと私の主観による読み方が大きいかもしれません)

「私にしかなれない」と感じたのは、はっと気づく歌が多く集まったせいかもしれません。
透明だった頃を思い出すコンビニのBGMや、広すぎる「ここ」、首都高速に引き戻されたり、母に戻ったり。
一定の時間や場所でふっと立ち止まって気づくような、そんな歌が目に留まったような気がします。

首都高速に引き戻される歌、一番、好きです。
はっとたどりつく現実が、走り続けなければならない、無機質な首都高速というのがなんとも。

ありがとうございました。

藻上旅人さま
 選歌をありがとうございました。
不思議なもので、ついこの間のことは忘れてしまうのに
青春時代の思い出は、うれしいことも苦いことも忘れられないもの
だなと、最近特に思います~^^ 今になって、思いっきり好きなことを
してきて良かった!と思います。

花夢さま
 丁寧に鑑賞してくださってありがとうございました。
まだまだ未熟な短歌ですが、一作でも二作でもお心に届く歌が
詠えたかと思うと、100首に挑戦して良かったと思います。
番外編で、厳しいご批評もお待ちしております!

五首選 「揺」

002.おそらくは今日一日で消えてゆく傷 壁紙の継ぎ目を見つつ

052.路地裏に答えがなくて縄のれんが降ろされて今道が見えない

058.魔法瓶の残り湯捨てて声にせぬ「おやすみ」シンクはボコンと応う

075.もう少しやりたいことがあるのですおまけのような明日が来れば

090.長三度移調して吹く口笛でやぶれたものを君は繕う


西野さんのお歌には走っているときから惹かれていて
鑑賞にも何度も取り上げさせていただきましたが
改めて100首とおして詠ませていただき
やわらかい風景の中で瞳が微かに揺れるような
細かな微動を感じました。
特に「おまけ」のお歌が好きです。
呟くようなお歌なのだけど、そのトーンがとても心地よくて
こんなお歌を詠めるようになりたいなぁと思いました。


あなたは気づいていますか

この世界のちいさな揺れに

この私のちいさな反抗に

ありがとうございました。

みち。さま

 五首選をありがとうございました。
又、拙歌を何首か取り上げてくださいまして光栄です。
選んでくださった「もう少しやりたいことがあるのです・・」の歌は
「おまけ」というタイトルを見て即詠したものでした。
明日が本当に来るのか来ないのか、時折考えることがあって、
今日のうちにやりたいことをやってしまわねば!をモットーに
日々過ごしているつもりです^^
できるかできないかは別にして^^
生きる姿勢と言いましょうか、ポロッと出た本音を読みとって
くださったようで、とても嬉しかったです!

五首選

はじめまして、斗南まことと申します。よろしくお願いいたします。


五首選「真っ直ぐの矜持」
情けなく心貧しい夜の部屋 鏡は正しく私を映す

余韻にも押し寄せてくる冷たさよ流氷よりは薄い壁であれ

まっすぐでなかったことが降りてくる牛蒡ささがく黄昏どきは

決断をするにはここは広すぎてあの橋渡る風を見ている

なだらかに下る坂だった真直ぐに信じた道の跡を辿れば


【感想】
西野明日香さんのお歌にはプライドが満ちている気がします。
恋のお歌もただ一方的に相手に寄り添うのではなく、まず自分がきちんと真っ直ぐに立つ、そんな雰囲気を感じました。
きっとお強い心をお持ちなのでしょう。

ありがとうございました。

斗南まことさま

 選歌、ありがとうございました。
プライドが高いかどうかは、ちょっとわかりませんが
寄りかかるのではなく、しっかりと立つ自分でありたい
ですね。
ただ、短歌作中主体は、「自分自身」でないこともあるかもです。

<西野明日香さんの5首ーワンコ好み>

013.「サヨナラ」がスクロールしても湧いてくるカタカナに支配される脳内

015.型枠に収まりたくない少年の形残した毛布ほやほや

028.わたしたちが透明だった頃の歌コンビニで聴く 何もいらない

058.魔法瓶の残り湯捨てて声にせぬ「おやすみ」シンクはボコンと応う

075.もう少しやりたいことがあるのですおまけのような明日が来れば


ワンコ脳が「いいぞ!」って反応したお歌を選ばせていただきました。
気がつけば…やっぱりワンコが好きな言葉…脳内・透明・魔法瓶…を含んだ
素敵な子たちが集まりました。

015のお歌、少女じゃないのですよね、少年でないと。
ああ、母もそのぬくもりの残る毛布にもぐりこみたいです~
まだまだ母のかたちにおさまりたくないけれど。

No title

お久しぶりです。頑張ってますね~!
なんか、文体が洗練されてる気がします!

ありがとうございました。

ワンコ山田さま

 選歌をありがとうございました。
題詠でもワンコ山田さんのお歌はいいな~と思って
いたので、この度選歌していただいてとてもうれしいです。
私の拙歌も、時折鑑賞サイト様に取り上げてくださって
とても励みになりましたが、なんと、013の歌を選んで
くださったのは、ワンコ様だけかと!!^^
私は結構この歌、我ながら気に入っていたのですが、
どうも選歌の対象ではなかったみたい・・・とションボリして
おりましたが、ワンコ様に救われました!
ありがとうございました。

けん様

 超、お久しぶりです!!
ついこの間、ブログを覗きに行ったんだけど再開されている様子!?^^
とちょっと嬉しくなっておりました。
そして、忘れられていなくて嬉しいです^^
そうですかぁ?<洗練された
またまたぁ~調子に乗っちゃいますよ?^^
ありがとぉ



No title

西野明日香さんこんにちは。月下燕です。
今は筆名が瀬波麻人にかわりましたがよろしくお願いします。
五首選のコメントにまいりました。


《引き寄せる引き合う引力の強さ》

007.ビッグマック空ごとかじる君と見た青の深さを思うランチどき

019.君はもう捨てただろうかぼくたちが記した誤字脱字だらけのノート

033.冠水の道をゆく覚悟持てぬまま迎えた春の桜は眩し

074.触れることなき肩多くこの世には計り知れない人生がある

079.大声で泣き叫ぶのは恥ですか最果ての地の無風に立ちて


五首選会の参加メンバーに西野さんがいらっしゃるのを
見つけたときひそかに胸が高鳴りました。
題詠blogにトラックバックされるみなさんの歌を楽しみに
読んでいましたがたくさんの歌の中で西野さんの歌に
ぱっと目が引き寄せられることがままあったので印象深く
会期終了後の今、まとめて百首のお歌を読ませていただきたい
と思っていた方だったからです。

百首を読みながらいいなと思った歌をピックアップしていったのですが
前半50首を読んだ時点で既に20首選んでいて、ど、どうしようっ!と思いました。

読むほどに西野さんの歌の世界に、おそらくはその心象風景の中に
引き込まれてべつべつの一首として読んだ時以上に引力が強まることに
感動いたしました。

引き寄せること、引き寄せられることはきっと引き合うことで
そうであってほしいと特に強く思う五首を選ばせていただきました。

ありがとうございました。

瀬波麻人さま

 選歌をありがとうございました。
まだまだ力不足で、なかなか満足のいく歌が詠めないでいますが
お褒めくださると、とても嬉しいです。

連作として何のテーマもなく、とにかく一首一首走るのが精一杯でした
ので、百首通して読むと浮いたり沈んだりなんともまとまりのないものに
なってしまいましたが、また参加する機会があれば、そのときはもう少し
まとまりのあるものにしたいと思います(汗)
ありがとうございました。

五首選

好きな歌五首

003.
泣いたって助けてくれないことくらい知っているからアイライン引く
010.
寂しさを街まで売りに来る人のマッチ全部買ってしまいました
020.
情けなく心貧しい夜の部屋 鏡は正しくわたしを映す
054
.どの道も君には辿りつけなくて首都高速に引き戻される
092.
心細き晩夏の海に夕焼けの空より引かるる一本の道

片思いを詠った歌からは年齢が感じられず、主婦が出てくるまで独身だと思っていました。やっぱり恋心を詠む歌は永遠なんだなぁと思いました。
そんな中で、選んだ歌は比較的恋っぽくなかった^^; 共通するのは、自分を見失わない「私」かなぁ。多分凛々しい女性が私の憧れだからです。

003:この気持ち、女ならエールを送りたい!泣かない決意のアイライン、みっともない顔になりたくなかったら泣くんじゃない、という戒め。甘えない姿勢がすてき。

010:下の句の句跨りなのに微妙に収まってしまうリズムがとぼけた感じになって悲壮感をなくしていていい。そして全部燃しちゃえ!寂しさなんてぶわーっと燃やして、明日からまた笑おう!

020:なんと冷徹な歌。誰しも一度や二度は一人つらい夜をすごしたことがあると思いますが、この歌はそんな自分を一切慰めない。むしろどこかでまだ甘えているような自分を軽蔑しているような。まぁ、そこまできつく読まないとしても、泣いている自分の顔はなんて醜い、ということを冷静に見ているもう一人の自分はまぎれもなく冷徹。

054:行き先が分からない、のではなく、(気持ち的に)どこへも降りられない、という風に読みました。

092:海面に赤い光の道、心細い晩夏の夕焼だと、この景色はあまり慰めにならない気がする。でも、どこかに「悩めるしもべに神の導き」的な救いも感じる、捨てがたい歌です。(090の口笛の歌と迷いました)

ありがとうございました。

お気楽堂さま

 選歌をありがとうございました。
又、一首一首を丁寧に鑑賞してくださって感激しています。
その中でも「心細き晩夏の海に・・・」の歌は発表した後に「これじゃあ伝わらないなぁ・・」と思っていたのですが、輝かしい光の道ではないけれど、
薄ぼんやりと道らしきものが見える気がする。という感じを読み取って
くださって大感激です!ありがとうございました。

五首選会はもう終わってしまったようですが、必ずお気楽堂さんのところへもお邪魔させていただきたいと思います。
もう少しお付き合いのほど、宜しくお願い致します。

【信じる道】

002.おそらくは今日一日で消えてゆく傷 壁紙の継ぎ目を見つつ

030.まっすぐでなかったことが降りてくる牛蒡ささがく黄昏どきは

062.なだらかに下る坂だった真直ぐに信じた道の跡を辿れば

074.触れることなき肩多くこの世には計り知れない人生がある

075.もう少しやりたいことがあるのですおまけのような明日が来れば


遅くなりました^^
五首選にまいりましたわ♥

私の厳選五首です。この中でも一番好きな歌は030。
これは鳥肌が立つような感覚でした。わかるんだもん、この感覚。
あーちゃんの歌は迷う歌もあるんだけど、すごく心の底の意志の強さみたいなものを感じるの。
私にはない強さみたいな・・・。

あーちゃんの歌を通して、やっぱり自分の道は自分が信じて歩いていけばいいんだなーって漠然と思いました。
迷うこともあるけどきっと自分の進む道が最後には正しいって思うんだろうなって言う・・・。


一緒に五首選参加してくれてありがとう(*^_^*)

「毛布ほやほや」の歌や「あ行のアドレス」の歌も好きだよーん^^
母であり、妻であり、女でもあり!!

一生キラキラした気持ち、持ち続けよう☆


これからもヨロシクご指導くださいませ♪

ありがとうございました。

ほたるチン。忙しい中選歌、ありがとぉ~

今から思えば、現実だったり過去だったりまぁなんともまとまりのない百首(泣)と後悔していて、他の人の百首を読むと読み終えた後に、ひとつのドラマが浮かび上がってくるようで次回は構成もちゃんと考えなきゃ!と思いました。

まぁ、もともと支離滅裂な性格だから仕方ないかも・・・(泣)
まだまだお邪魔させていただいていないブログもあるのだけれど、沢山読めました。
誘ってくれてありがとぉ~

というか、やはり気が強そう?<わたし(ぇぇーん)
これだから可愛くないんだナ・・・・・・
可愛い女!目指しますっ^^

いや・・・^^;

気が強いんじゃなくて、芯が強い感じ。
私よりどーんと構えていられそうな・・・。
私はすぐにあたふたするけど、あーちゃんはそうでもないような(笑)

じゅーぶん可愛いから大丈夫だよーん^^

今日は大掃除始めたから疲れた・・・orz

芯が強いかぁ・・・・

そぉ言えば「強いね・・・・」というのは、これまでの恋愛の中で、実は必ず言われてきたことで・・・(汗)
人にはあまり左右されないかも知れないなぁ。
まぁそれが結果的に良かったり悪かったり^^でもやはり変わらない私でありんす(JIN風)

ぁぁ、思い起こせば15の秋
「〇〇ちゃんは僕がいなくても生きていけるだろうから・・・」
と言われて別れたことがトラアマになって一層私を強固にしたのかも^^
何を語ってんだ~^^<わたし
「JIN」では、咲も野風も芯の強い女性だけど、微妙に違うネ。
やっぱり私は野風が好きかも^^

大掃除!私も頑張ってまっせぇー
お台所、終了~
ふぁいとねぇ~♪

遅ればせながら、五首選です。

西野明日香さま

はじめましてkeiと申します。
五首選にやってまいりました。
あと数日で今年も終わる、なんていう時期に申し訳ありません!
初心者とて、読みは浅いんですがご容赦。。。


013:カタカナ
「サヨナラ」がスクロールしても湧いてくるカタカナに支配される脳内

039:広
決断をするにはここは広すぎてあの橋渡る風を見ている

066:角
しなやかに落ちてゆく葉の一枚になりたく探す東南角部屋

080:午後
前髪を丁寧に切り落とす午後十センチ分走れなかった

096:マイナス
マイナスをまた引きながら土砂降りを救えぬ手のひら差し出している


013この「サヨナラ」は悲しいサヨナラと思いました。スクロールしても湧いてくるという表現に惹かれました。現代ならでは、ですね。039決断をしなくてはいけないのに、少しでも先延ばししたい心。橋を渡る風が決断を助けてくれるでしょうか。066東南角部屋という言葉をうまく使ったなぁ、と思いました。080意味がよくわからないのですが、「十センチ分走れなかった」がものすごく好き。全体としても魅力的。096どんどんマイナスが増えてしかも土砂降りを救えないなんて……。でも差し出した手のひらに希望の光があるように思いました。

素敵な100首、読ませていただきました。ありがとうございました。

ありがとうございました。

Keiさま

 選歌くださった一首一首を丁寧に鑑賞くださり、
ありがとうございました。
080、096は、特に説得力に欠けるなぁ・・・と思っていた
歌でしたので、それを鑑賞してくださったことがとても
嬉しいです。
私は何故か西南に縁があり(汗)西日をガンガン浴びながら
暮らしているので、朝陽のサンサンと差し込む角部屋に
次は絶対越すのだっ!という希望を066に託しました^^

今年も残すところ後僅かになりましたね。
どうぞお元気で良いお年をお迎えくださいませね。


カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
最新記事
メールフォーム
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

西野明日香

Author:西野明日香
ようこそいらっしゃいました!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。