スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気分転換に

今日はなんだか頭を使いすぎてしまいました(汗)

ので、とりとめもないことを気分転換に書いてしまいたいと思いました。

クラシック音楽では、私はロマン派が好きです。

長年親しんできた楽器(ピアノ)の演奏の仕方について、私はよく先生方から個性的と言われてました。

「個性的」の解釈は非常に難しいものがあると思いつつ、私はその言葉をポジティブに考えたことはありません。

「基本からやりなおせ!」の意として捉えているからです。

でも長年のスタイルはそう変わるものではなく、何度もそのことで「もう一度人生をやり直したい」と後悔しました(汗)

ピアノを演奏するということを諦めて、暫く悶々とした日々を送っていて(7年くらい?)ある意味音楽だとも思える短歌と出逢いました。

短歌を詠むにあたっては、「今度こそ基本をしっかり学ぶぞぉぉぉ」という思いから、無謀にも早いうちから結社に入会することにしました。
先輩方の短歌を読んで読んで、短歌のもつメロディーやリズムを自分のものにすると共に、苦手な古典文法にも触れて、どんなスタイルでも詠めるようにしたいと思ったのです。

しかし短歌も音楽と似ていて、毎日詠んでいるうちに音楽で言う「装飾音符」とか「休符」にあたるような言い回しをするための語彙力は必要不可欠であることにも気づきました。
表現力といえば良いのでしょうか。

その語彙力に大変欠けている私は、日々、辞書をお伴にして、googlの検索も頼りにしているわけです^^
でもやっぱり、一番大切なのは「楽しむ」ことにあると思っています。

好きこそものの上手なれ。と言いますから^^

ここのところ、その一番大切な「楽しむ」ということから少しずつ外れていく自分を感じていて、でもこれは誰もがぶち当たる壁なのだろうとも思っています。

音楽をやっていたときも又、同じことをずっと引きずっていましたから^^

それで・・・・・・・音楽の二の舞にならぬよう、「好き」とか「詠みたい」という気持ちを大事にしようと思います。

「これは詠んでみたい!」と思えるテーマについて、とりあえず気ままに詠んでみよう!

そう思う今夜の明日香です。

また変わったらすみません^^

最後に、ある人があるところで言っておられた言葉が今また頭の中を巡って、忘れないようここに書いておこうと思います。

「自分の歌を批評してくださるのは大変ありがたいことです。、そこに「礼」と「儀」と「真摯さ」があるのなら」
人様の歌に触れるときにはこの言葉は、忘れないようにしようと思います。

あぁ、ここの拙ブログにコメントをくださる方々、いつもありがとうございます!
本当に心癒されます。
上に書いたことに当てはまる方などひとりもおられませんことを書き加えておきます。

ということで~

とりとめもないことを書きました。ごめんなさい^^


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

よけいなおせっかい(笑)

西野さん、こんばんは!

昔、音楽のノートに“音学”と書いて先生に怒られた岡本です。
でも、当時の僕にとっては、意味のわからない符合、記号、歴史、すべてが楽しくない勉強でした。
それは、その先生とソリが合わなかったからという面が大きかったです。

それで、フライの件ですが、西野さんは感受性豊かだからあたかも自分のことのように傷ついてしまったんですね。お弁当の“フライ”とバットで打ち上げた“フライ”をかけている投稿者の意図には触れられていなかったから、それが輪をかけるというか。
でも、アドバイスも投稿者を突き放すというよりは“いかに他の人に伝えるか”を意識した内容だったし、アドバイスを受けた方もコメント欄でリアクションをとっているし、キャッチボールになっているみたいだから安心していいと思います。
一見厳しいことばでも、それを受け止めるひとがいれば、それは活きてきますよね。
そういった信頼感の上になりたった楽しさというのもあるような気がします……。

なんてちょっとまじめに書いてみました(笑)

こんばんは!
岡本さん。

岡本さんのコメントの冒頭部分を読んで、びっくりしました!
あのとりとめもない説得力のない私の記事で、これだけ心情を読み取れる人がいるのだということに。
先生との関係は、学ぶことにおいて凄く大事ですよね。

「いかに他の人に伝えるか」という意図のもとにされた評であることは、私も感じました。
もう、ホント人事なのに熱くなってしまいがちで困ったもんです。<この性格

でもね。一言だけ。
愛情の感じられる評とそうでない評の匂いには私は敏感なんです。
犬的嗅覚を持っていると自負しています(汗)

今回、それを少し感じてしまいました。

けれどそんな私の愚痴を力説するよりも、岡本さん。コメントありがとう!
私があんな記事を書くことで、多分大半の方が岡本さんのように感じていらっしゃるだろうのに、書いて良いのだろうかと迷いました。
実際、私も勉強になったのですが・・・・・・
まぁ、何ヶ月か前になるけど、ある人の歌の評でもちょっとムッとしたことがあったので余計そんな風に感じたのかも知れませんね。
しかし、この感情は忘れることにします。

本当にありがとう!


第六感

こんにちは!

クラシックならハチャトゥリアンの「剣の舞」が好きです。これしか覚えてないんですけどね(笑)。よく運動会とかで流れている曲で、気分が上がってくる曲です。

個性的というのは大切なことの一つですね。もちろん捨てちゃいけませんよ!自分色っていうのが大切だと思っている今日この頃です。

「好きこそものの上手なれ」座右の銘にしたいです。
一番の理想は、息を吸うように短歌を詠むという境地まで達せたらいいですけど、そんな仏様みたいなことは僕には難しいです。

厳しい意見も大切なことです。僕は短歌至上主義・歌人至上主義なので、褒めてばかりになる傾向がありますね。人の意見をしっかりと省みて、これからの糧にしないといけないですね。

(なんだかばらばらと書いてしまいましたね。読みにくかったらすみません。)

こんばんは!!
私も音楽は挫折しました…。
そして、お芝居も挫折しました(泣)
でも短歌って、それぞれの作者のバックグラウンド?経験?がプラスになって現れる気がします。
だからきっと楽しいんですよね♪

明日香さん、私はやっぱり「おめでとう」ってつい言ってしまいますわ^^
お名前を知っている方の活躍は本当にめでたいし、刺激になるしで、興奮のあまりアドレナリンが出ますもの(笑)
でも、作品には誠意あるコメントをするように心掛けたいものだなぁと思いました。

チェンジアッパーさん。

こんばんは!

コメントありがとうねぇ。
いつも思うのだけど、学校のお勉強も良くできるでしょう?^^
しっかりしてるわぁ。
厳しい意見! 大切に受け止めなくちゃと思います! うんっ
文法的な間違いや、表現したいことに合わない言葉の指摘はされるべきだとも思っています。
そして、ストレートな意見は勿論お願いしてでも聞きたいなぁと思っています。

ただ・・・・・・作者名まで言う必要があるかどうかは疑問です。
それは、他の人に必要のない情報です。(と私は思います)

というあたりにして

ハチャトゥーリアンいいですねー^^
「剣の舞」ですね!



でもいつもコメントありがとう!


ことはさんっ こんばんは!

お芝居もしてたのぉ?
私もお芝居は好きです!
っていうか、自分を表現したいグループなんでしょうねぇ~~(短歌を詠む人も音楽する人もみんな)

短歌はこれまでの人生経験に基づいて培われた(いあ進行形で^^)価値観とか、思いが生かされるっていうのは私も凄く思います!
それを表現する技術ってのも必要なんだろうけど、今はまだただただ思いを書き綴ることしかできません^^
でも思うことをぴったりの言葉で表現できるようになりたいなぁ~~と思いつつ、日々詠んでます^^

それから折角、嬉しい報告に「おめでとう」と皆さん言ってくださるのに「言わないで!」なんて失礼なこと言っちゃってごめんなさい。。。。
あちこちで叱られてます^^
これを言った意味は、「どうか、気を使わないでざっくばらんに思うことをコメントしてください」と言うことが言いたかったのですが、ホント下手ですね私。。。<文章

ごめんなさいっ!
イコジになっていたかもしれません(汗)
あの発言は取り消します!!!
ので、これれからも宜しくお願いします!^^

それから、ことはさんのストレートな短歌。私は大好きです!
ある先生が「短歌は勉強ではありません」ということを言われたのですが、この言葉をことはさんにもプレゼントしたいと思います^^
いつも「それそれ!それが私も言いたいっけどうまく言えない!」っていうことを、ことはさんが短歌にしてくれるので、私はひとり喜んで読んでます!


私・・・・・・・・・・コメントながっ(汗)
ごめんなさーい
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
最新記事
メールフォーム
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

西野明日香

Author:西野明日香
ようこそいらっしゃいました!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。