スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK短歌6月号

お題:「恋の歌」

選:加藤治郎氏

で、佳作をいただきました。


あなたから放射線状に伸びる陽にわずかに触れる水 それでいい
スポンサーサイト

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

おめでとう~♪

またまた選歌してもらったのね!!よかったねー♥
いろんなところに投稿することでご褒美がもらえて素敵☆☆☆
やっぱり日々、歌モードで羨ましいよー!

でも、あーちゃん、ホントに「わずかに触れる水」でいいのぉ?^^
控えめなところを見ちゃった^^;
その表現が可愛いね(*^_^*)

ありがとぉ

ほたるちん。

「恋」の段階ではね^^<わずかに触れる水
初心は忘れてしまうのでありますっ。

しかし、お題が「恋」だというのにもうちょっと爽やかに軽く
詠えんかねぇ<私は。
と、反省中^^

かとちえさんのところも終わってしまうし、NHKと笹さんのとこ
だけになるよ。
あまりいろいろなところに投稿すると、ザツになってしまいがち
なので、当分はこのままでいこうかと思ってるよ!

こんばんは☆

おひさまみたいに輝く存在の彼と、そこに近付けない自分。
水でいいだなんて、その健気さにきゅんとしました!!

6月号、もう出てるんですね♪
私も買って来よっと。

インフルの件は大変でしたね。
見えないものの恐怖を前にすると、誰もが疑心暗鬼になってしまいますしね…。
私も医療機関に勤めているので、この事態に振り回されている毎日です。
一日も早く落ち着くことを祈ってます☆

おはようございます!

ことはさん。

ことはさんの「結ぶ」光ってますよ!!
何度読んでも、スカッ!とするいい歌だなぁと思います。
ことはさんの歌を何度も本を出して読んでしまった^^
「NHK短歌」の本は、近所の本屋さんに置いてないので定期購読しているんです^^

医療系のお仕事は、今とくに大変でしょうねぇ・・・・・
ご苦労様です!
皆様にご心配していただき、ありがとうございました。
結局どこに居ても同じだということで、夫は25日に発つことになったそうです^^(そうですって^^)

これは……

つつましいですね、西野さん……。

陽の明るさ、暖かさに対しての、水がいいですね。
もっと近寄って暖めてもらえばいいのに……わざと距離をとってクールであろうとしている。で、それでいいと思おうとしている。

今月はご一緒できませんでしたが、懲りずにがんばります。

こんにちはぁ

岡本さん。

ありがとうございます!

陽にまだわずかしか触れていなくて、今のところは何にも変わらない「水」という感じ~(妄想ですが^^)
お湯になってしまうのが怖い?みたいな?^^

実は生まれてこのかた「告白」なるものをしたことがないんですよね・・・・・・
いつもされるのを待ってます!!

しかし岡本さん。
相性ってあるのかなぁ。今月のダヴィンチは久しぶりに投稿したのに、私は採用されなかったしぃ。せっかくぱふゅ~ま~ずオンパレードだったのにぃ
お互いがんばりましょう~

恋という放射線

こんにちは!

おめでとうございます!超片思いを感じました。しかしあなたの放射線にじりじり焼かれていくような感じがするのは僕だけでしょうか?きっと水はそのままじゃ済まなくなるような気がします。深読みですかね。おめでとうございます!

こんばんはぁ

チェンジアッパーさま。

ありがとうございます!
お察しのとおり、大概は沸騰するほど熱くなってしまう明日香です(泣)
いぁ、「でした」にしておこうっ。
熱し難く冷め難い、困った性格です。

チェンジアッパー君の放送も楽しみです!

おめでとうございます

西野さん、このうたとても素敵ですよ!!
もう、大好きになりました。

「それでいい」っていうのが、もう、なんと言ったらいいのかわからないんですが、胸がいっぱいになりました。

あと岡本さんの言うように「水」というのがいいんでしょうね^^

こんばんはぁ

イマイさん。

ありがとうございます!
そんな風に言って貰えて感激です!

この歌は、実は私の初恋を思い出して作歌したのです。
喧嘩友達のような関係を崩したくなくて、とうとう最後まで言えないままになってしまいました^^
カレは今日本中の人に、陽を注ぐ太陽のような人になっているのですが、今でも私はその陽にあたる一人でいいや。って思っています^^

はっ・・・・・・私事をベラベラしゃべっちゃいました^^
スミマセン。

おめでとうございます!!

NHK短歌拝見させていただきました。最初にバーッと見て、この歌いいなぁと惚れ惚れしていたら、お名前を見たら、存じ上げているお名前だったので、嬉しくなってしまいました!

「あなたから伸びている陽」ということは、きっとあなたとわたしには少し距離があるんだろうなぁと想像させられて、それに「陽」と「水」で温度差もあるのかもしれない、と。放射線状に伸びた陽で、すこし宗教的なイメージともかぶって、個人的な感想ですが、清らかなイメージが歌の世界全体に漂っているような気もしました。また、陽が水に差し込むとか照らすのではなく、「触れる」というところが唯一の救われ所といいますか、“接触”している必然性を感じられて。だからこそ「それでいい」と受け入れているんだと思うのですが、その関係性がとてもつつましくて、とても女性らしいこころを詠まれているうたなのかなぁと思いました。こんな風に勝手に歌の世界に浸らせていただき、余韻まで楽しませていただきました(笑)、本当に素敵な時間をありがとうございました!

こんばんは!

空山くも太郎さま

沢山の佳作作品の中から、目に留めていただいて凄く嬉しいです。
それから、そんな風に丁寧に読んでくださって、ありがとうございます。
私にとっては、何よりも嬉しいことです!
初恋の人を今でも遠くから見守ることができて、時々私って凄く幸せなんだと思います。
中学校の同級生との関係を詠んだ歌なんですが、とってもピュアだった頃^^
今でもずっとその初恋は初恋として生きていて、私の大切な時間だったと思います。
あれから何十年も経つ今、また初めての「恋」の記念として、詠えて活字になって残せたことが
嬉しいです。


6/14のNHK短歌は、そらくもさんの歌も登場するんですよね。
楽しみにしています!


カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
最新記事
メールフォーム
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

西野明日香

Author:西野明日香
ようこそいらっしゃいました!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。