スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かとちえの短歌色物語

昨日は一日、短歌一色の私でしたが

「第2回かとちえの短歌色物語」のほうの今回のお題は「桜色」

これに、二首投稿していました。

そのうちの一首を優秀作に選んでいただいたので、またまた嬉しい明日香です。

優秀作

お題:「桜色」

加藤千恵氏選(今日は間違えないっ)


足先に散らない桜施してあなたを越えてゆく 今度こそ

イメージとしては、またまた意地の悪い女^^
まぁ、寝そべっている彼に桜色のペディキュアをチラつかせ、ふんずけて越えてゆく!!
みたいな・・・・・

いあ、これは比喩なんですが(言われなくても解ってるって?^^)

そしてもう一首投稿していました。


春は春 あなたがいてもいなくてもショットグラスに咲かせる「SA・KU・RA」


これは「SA・KU・RA」という名のカクテルがありまして、「桜色」というお題から真っ先に連想したのはやっぱり・・・・・・お酒でしたわ^^
これが綺麗な桜色のカクテルで、隣に別に彼が居なくたって、ひとりで呑んだって綺麗で美味しくって楽しいやーい!!
っていう意地っ張り女のうたでした。

っていう私の歌はこのくらいにして

今回の優秀作の中で、とっても感動した作品がひとつありました。

ここで勝手に披露してしまっていいのかなと思いつつ、すみませんお仲間なので許してネ。


あの人は桜の色にさらわれた 僕が僕になれないからか(チェンジアッパーさん)

なんとも切ない、その切なさが素直でなんとも意地らしく思いました。
「桜の色にさらわれた」という表現も素晴らしいと思ったし、下の句の字足らずなところにまた若さが感じられる。
「僕が僕になれないからか」にはきっと「・・・・・・」と続いていて、素直になっていれば、こんなことにはならなかったのか?いいえ、ここでは「僕になれないからか」と現在形で言っているので、「僕はなれないのだ」これが本来の僕なのだ。切ないのだけど潔さのようなものが感じられる。
(ほぉら、勝手にまた思い込んでる私。すみません)

でも、青春してるなぁーってかなり感動した歌に出逢えました。

PS:しかし、性格の悪い意地っ張りな私と、青春真っ只中の真直ぐな少年と・・・・対照的ですね(トホホ


スポンサーサイト

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

嬉しい限り

こんにちは。
感動していただけてうれしい限りです。「僕が僕に」のところは、自然に思いついたというか、変えようがないと思ったんですよね。
今回の歌はかなり実感がこもっていました。なんせ本当の心の叫びでしたからね。

しかし、べた褒めしていただいて本当にありがとうございました。次の「黒壇」もがんばりましょう!

こんばんはぁ~^

チェンジアッパーさま。

「心の叫び」って感じが伝わってきましたよ。
「これ以外に表現のしようがない!」っていう感情を
ぶつけられるのはいいですね!

若さゆえ~~~。羨ましいです。

すごーい!!

v-308こっちでもまたまた選んでいただいたのねー!!
めでたいねー^^

でも、いい歌だよ、すっごくイイっ!!
こういう強くてカッコいい女になりたいものだ^^
くだらないオトコはどんどん踏み越えてゆきましょうー(笑)

そして、今日もあーちゃんがゆくー^^

どういう

くだらない男なのだらう^^
ほたるちんっ

そして私は今日もゆく!!といきたいところだけどもさ。

「今度こそ」ってところが、今ひとつ不安定^^
何度目なんだか(汗)
いあ、ほんの少しは強くなってきたか?^^<私

ほたるチンもゆくのだー!
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
最新記事
メールフォーム
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

西野明日香

Author:西野明日香
ようこそいらっしゃいました!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。