スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ただいまです!&NHK短歌

ただいまです~♪

楽しかったぁ~~^^

2泊3日、天橋立レポートは後ほどゆっくりup致します!

それはそうと、帰宅したらポストに「NHK短歌」が届いておりました。

今回のは(も)、不出来だったなぁ・・・・と思いつつ恐る恐る本を開いてみて、びっくり。

高野公彦氏、辺見じゅん氏、川野里子氏よりそれぞれ佳作を頂いていました!


NHK短歌5月号佳作

お題「線」

選者:高野公彦氏

四十年真直ぐに歩みし人の声線から円へと変わりて定年

お題「開く」

選者:辺見じゅん氏

新しいページを開く指先が汗ばんでいる小春日和に

お題「梅」

選者:川野里子氏

真夜中の工事現場の電球を支えておりぬ満開の梅


高野公彦先生にははじめて佳作をいただきました!

嬉しいですっ。

ありがとうございました。

スポンサーサイト

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

祝福

はじめまして。ですかね?
佳作おめでとうございます。個人的には、二首目が好きですね。このまま寝ちゃいそうな雰囲気が漂っています。
天橋立レポート楽しみにしています!

(^▽^)/

お帰りなさーい&おめでとうございます♪

1首目の歌がすごく好きです!
会社に身を捧げてきた人の、時には命令口調だったり頑なだったりした「線」のような声が、定年を迎えての解放感からか丸みを帯びて「円」のようになる…見事な表現ですね!!

「線」っていうお題からこういう歌が出来るなんて、うなってしまいました。

おはようございます!

チェンジアッシ゜ーさま^^

2度目のお出ましですよね?^^
祝福、ありがとうございます。

実は2首目の歌は・・・・・実は自分がどういう思いで作ったのか、珍しく
思い出せない歌だったのです。
窓際の席で読書をしているイメージはイメージなのですが・・・・
冬の柔らかい日差しの中で、本を読んでいるうちにポカポカうとうとしている
様子。たぶんそんな感じだったかなって、チェンジアッパーさんのコメントでなんとなく
思い出せた気がしました^^

おはようございます!

ことはさんっ^^

ありがとうございます!

1首目の歌は、昔OLをしていた頃の上司が先日定年退職されたのですが
その方のことを歌にしました。
気に入ってくださってありがとうございます!
ことはさんがおっしゃるように、定年前くらいのお年の方の穏かさ、丸さには
ホッとさせられます。
失敗しても「大丈夫大丈夫~」と肩を叩いてくださるような安心感。
まだまだ現役でいらして頂きたいといつも思います。

お帰りー♪

そして、おめでとうーv-315
すごいねー、3首も選ばれたのね!!
一首目の声が「線から円」っていう表現は素晴らしいわー!!
雰囲気は3首目が好き。
情景が見えるお歌だから^^
大変なお仕事をしている人たちを支える梅の花。
素敵♥

楽しかったゼィ

ほたるちんっ

しかも嬉しいことが帰って早々あったから、今日はご機嫌♪
そんでもって、皆様からのお褒めの言葉、嬉しいデス!

一首目二首目の解説はコメントに書いたとおりですが、
三首目は実は私はまぁまぁ気に入っています。
工事現場の電球を梅の木にぶら下げた現場監督の人の発想に拍手したい
気持ちで詠いました。
ライトアップされた満開の梅も本望でしょう。
しっかり支えてるなぁ~

こんばんは。
「NHK短歌」三首採用おめでとうございます^^
<開く>と<梅>でご一緒できました。

私は<梅>のうたが好きですねー。
工事現場と梅の組み合わせがすてきです。
丸く咲く梅と電球も重なって、真夜中のあやしい雰囲気もありますね。

私は高野先生には選ばれずに終わってしまったので、羨ましいです^^

いらっしゃいませ!

ありがとうございます! イマイさん。

今回の「梅」のように詠うのは私はあまりないのですが
凄く印象的だったのでそのまま詠いました。

あまり凝らずに素直に詠むのがいいみたいですね!
苦手とせずにこういう歌もこれからどんどん詠っていこうと思います。

高野先生には始めて選んで貰えました。
嬉しいです!
しかし、栗木先生にはまだ一度も選んで貰えていないので、がんばります!
って頑張るものなのかどうか(汗)

こんばんは!

こんばんは!

いやあ、3首は凄いですね!!
梅の歌が特にいいと思います。
なんか、一生懸命働いている人やそれを見る人を癒す感じが
しんみりと出ています。
あと、エッフェル塔の歌が仕事中も頭から離れません。
よっぽど好きなんだと思います。

おはようございます!

夏人さん。

自分の歌が誌面に載るってやっぱり嬉しいですね。
でもそれ以上に嬉しいのは、誰かの心にずっと残る歌が詠めることだと
思っています!
「エッフェル塔の歌」が夏人さんの心に今も残ってくださっているんだなぁと
思うと、感慨もひとしおです!!
ありがとぉ~^^
そういうお声を聞くと、「ぁぁ、短歌やって良かった!」って思います。
また、ボチボチ前に進もうという気持ちになれます! ありがとぉ。
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
最新記事
メールフォーム
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

西野明日香

Author:西野明日香
ようこそいらっしゃいました!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。