スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一冊の歌集より

先日、一冊の手作り歌集が届きました。(正しくは二冊なんですが^^)

短歌のラジオ番組に投稿している方の仲間で作られている(ぱふゅ~ま~ず)の中のお知り合いが作られた歌集「やわらかいと納豆」(伊藤夏人さん)です。

もう一冊は、そのメンバーのアイドル「ゆず」さんの歌集。
(ゆずさんの歌集のことは、また後日、ご本人の許可を得てから書きたいと思います。

で、

その「やわらかいと納豆」の歌集の中から私のお気に入りを、こちらに残しておこうかと思いました。

その前に!

このタイトル。「なんで納豆なん??^^」といつも不思議に思っていたのですが(ブログのタイトルも同じ)歌集のタイトル「やわらかいと納豆」という文字を本に穴があくほど暫くじっと見ていて・・・・・・

あーーーーっ!!!!わかった!!!!!!(今頃)

まぁ、私のことは皆様ご存知のとおり、ちょっとテンポが普通の人よりやや遅れ気味というか、天然というか・・・・・(汗)
なんですが、この作者のお知り合いになってもう、一年も経つというのに、やっと意味がわかったというわけです。

伊藤夏人、いとうなつと、いとーなつと、(途中略)・・・・・・いと納豆!!!

その喜びでまず半日はしゃぎ、さぁさぁ中身は。

と、文庫本サイズの小さな歌集を開いてみると、文字は手書で書かれていて、タイトルのとおり「やわらかい!」

「みつを」を思わせる、しかし、みつをよりもう少しやわらかい感じ。

そして、そこには「やわらかい短歌」が載せられておりました。

味噌汁に何を入れるか迷ったら僕と一緒にアサリをとろう

のんびりした歌が数ページめくると出てきました^^
朝のお味噌汁の具のはずが、飲めるのは夜になりますネ^^

しかし、この時間に追われる時代。
「まぁええやん! アサリでも取りにいこうよ」なんて言われたらグッときちゃいます。
毎日が忙しいからこそ、この短歌が生まれたのかも知れませんね。

同じような歌がもうひとつ

砂浜で助けなければゆっくりと歩めましたかもしもし亀よ

「歩めましたか」と丁寧語で表されているところに、この作者の人柄がうかがえます。
それとともに「やわらかさ」が感じられ、読む人をもその優しさの中に引き込んでしまう。
例えば、心がささくれているとき、例えば、ピリピリしているとき、これを読むとなんとも不思議な感覚になってしまう。

ポストには入りきらないあなたへの恋を玄関前に置きます

ラジオ短歌が、去年の暮れにTV特番をしたときに、穂村弘さんが番組中で読まれた歌ですね。
「愛」と言いがちのところを「恋」と言っているところに、この作者らしさが表れていると思いました。
「愛」はある意味、押し付けがましくもあるかもしれません。
「恋」は自分だけのもの。
控えめで、内に秘めたもの。
これを玄関前に置いたらしいのです^^

ピンポン押して、いあードアを叩いて、呼び出したいけれど、それができないでいる時間が「恋」かもしれないし、そういう理屈を抜きにしてこの一首全体がきっと暗喩になっているのだろうかなと思いました。

線香に火をつけようとする度にあなたが吹いてなかなかつかない

この歌もさっきの歌の続きのような気がします。

そしてこの他にもたくさん柔らかい歌が載せられている歌集の最後には

弾かれた玉です僕は 弾かれた玉です君に 弾かれた玉

伊藤さんの代表作といえる歌で締めくくられています。
この歌は、縦書きにするともっと味わい深く感じられるのでしょうが・・・
恋を玄関前に置いてみた。線香に火をつけたかったけどなかなかつかなかった。
そして弾かれた・・・・・
という感じで、この一冊、一気に読み上げるとしみじみとした余韻が残ります。

手作り第一歌集「やわらかいと納豆」の最後のページに「字と画」は奥様が担当されたと記されていて、最後の最後まで柔らかな気持ちにさせられました^^

時折は、これを手にして、やわらかくなろう~と思いましたが、これはきっと伊藤さんにハメられているのかも知れませんネ^^


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

もうっ明日香さんったら・・・

笑かし過ぎです^^

思わずツボに入りましたヨ。

納豆問題が解決してよかったですね♪

しかし、僕もいただきましたが本当にいい歌集でした。僕もいつかこんな歌集を作りたいと思いました。

わはは(汗)

こんばんは。ウクレレさま。

ここのところバタバタしていて、なかなかお友達のところにコメントできないでいていてごめんなさい(泣)

てか、やっと「納豆」の疑問が解けて嬉しいです^^

いつか歌集出したいですよねぇ。
私もです。
けど今は、自分が詠むことよりもいろいろな人の歌集を読みあさっています。
伊藤さんの歌集、読めてよかったデス!


No title

西野明日香さんこんばんは、

ちょちょっと持ちあげすぎじゃないですか??
と、とりあえず、お礼をと思って来たのですが、舞い上がってます。
また、落ち着いてお礼にきます。

いやあ、それにしても納豆に気づいていただけて良かったです(笑)
とにかく、ありがとうございます。

おはよーございます!

なつとさん!

ぃぇぃぇ、ダダで頂いておきながらこちらこそ恐縮です。
明日、電車の中の3時間を歌集を読みながら過ごしたいと思っているので、バッグに入れて行きます^^
しかし、ホント「納豆の疑問」解けて嬉しいです^^

「やわらかい」と「納豆」だと思っていたので(爆)

PS:読みがまたトンチンカンだったらお許しくださいませ。

はじめまして!

西野明日香さん、はじめまして!
・・・って、もうすでに何度もお会いしているような感じを勝手にもっていますが、イマイと申します。

「ポストには~」
のうた、私も好きなのですが、自分のなかでうまくまとめられなくじれったい思いをしていたのですが、明日香さんの記事を読んで、なるほど!!と納得しました^^

現時点での

伊藤夏人ベスト!でしょう。

しかし、これからも凄いのぶちかましてくるに違いありません……

個人的には、“もしもし亀よ”が好きです。人柄が表れてるから(笑)

笹短歌ドットコムに誘ってよかったなぁ……としみじみ思ったのも昨日のことのようです……

はじめまして!!

イマイさま^^

はじめましてって感じではないけれど^^

こちらこそ、イマイさんのブログも時折覗かせていただいているのに、ご挨拶もせずにいつも失礼しています(汗)

「ポストには」の歌、いいですよね!私も好きです。

この歌をTVで知ったときからずっと覚えているのです^^
「もしもし亀よ」の歌も同様。

しかし、私はいつも勝手な思い込みで読んでしまうところがあるので、もしかするとトンチンカンなことを言っているかもしれません・・・・(泣)
しかし、トンチンカンな読みをしても許してくださるのが夏人さんだと思い、記事をupせさせていただきました^^

そうそう、イマイさんの御活躍も私はよーく知っているのです!
これを機会にどうぞ宜しくお願いいたします^

そうだったですねー

岡本さん。

そう言えば、数ヶ月前に夏人さんを「笹短歌ドットコム」に誘っていらしたのは岡本さんでしたね^^

んで、いきなり佳作取ったりして^^
しかし、「ぱふゅ~ま~ず」の方々、皆さん凄いです!
それぞれの方の味が出ていて面白いし、しかも良い評価を受けてらっしゃる!
そこが凄いと思うんです。

さーて、私も帰ったら詠むぞぉぉ?^^(ほんまかいな)
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
最新記事
メールフォーム
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

西野明日香

Author:西野明日香
ようこそいらっしゃいました!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。