スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あけましておめでとうございます。

本年もどうぞ宜しくお願いいたしす!

今朝のこちらは晴天で穏かな元旦です。
早速お雑煮を食べました。

我が家のお雑煮は白味噌仕立てで、大好きな小芋を入れます^^

090101_1116~0001

こんな感じです。
しかし子供達が大きくなると、なんかまとまりのない元旦の朝になっちゃうのね。
長男は、夕べから朝まで友達と出かけていてこの時間にまだ寝てるし(泣)
次男坊は、お餅が苦手でお義理でお雑煮を食べて転がっているし^^

私は今年も短歌短歌^^
と言いつつ、さすがに今日は詠むモードではありませんが、去年年末に笹短歌ドットコムで投稿していた歌が2首紹介されていて最後の最後に嬉しいことがあったので、今年はいい感じの幕開けです^^

投稿歌は5首


町中の花屋を探したむっつの秋母の「ももの花」みつけられずに


とびきりのドレスで行きたい「CoCo一番」君と最後のしるしをつけに


焦点のぼやけた目をしてマスターは怪しいふたりの影に溶け込む


人を解かすためにあるよう「あまやどり」のココアはシオンの影から出される


カウンターの無垢の匂いが薄れてる今日のココアにあなたが居ない

でした。

2首目から5首目までは一応連歌にしました。
私の1番のお気に入りは4首目。2番目のお気に入りは2首目の歌でしたが、4首目の歌はいきなり字あまりから入っているのと今ひとつ意味がわかり難かったかなーと思います。

そして、笹師範に取り上げていただいた歌は2首


町中の花屋を探したむっつの秋母の「ももの花」みつけられずに


焦点のぼやけた目をしてマスターは怪しいふたりの影に溶け込む

でした。

一首目はダジャレ短歌^^
「ももの花」とは昔からあるハンドクリームで、母が愛用していたものです。
子供の頃「ももの花がきれたわぁ」という母の一言で私は「桃の花が欲しいんだ・・・」と勘違いしたことを思い出しての一首でした。

二首目は、如何様にも読める短歌として投稿しましたので如何様にでも読んでくださいませ^^

そんなこんなで、今年も詠みます!

そして、いろんなところへ出かけて行って、いろんなことを感じたいと思っています。




スポンサーサイト

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

明けましておめでとう

前記事で言ったけど、何回も言おう、今年もよろしく(笑)
いいな~、日本のお正月!
お正月はやっぱ日本やで!!
ま、お兄ちゃん達は今が青春なので好きなことやっちょるでしょが・・
結婚して家族が出来たら、その家族を連れて来て賑やかなお正月になるし、もうちょっと待っとれ?(笑)

あ、私の里帰り予定は1年先です^^;
春はテストに追われ、夏は暑すぎるし、冬が一番いい時期なのよ。

No title

何度もご苦労様です^^

おめでとぉぉ。

一年先かぁ。。。。まだまだやな(泣)
今年は長男と2人ぼっちなので寂しいよぉ。
待ってるからね!
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
最新記事
メールフォーム
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

西野明日香

Author:西野明日香
ようこそいらっしゃいました!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。