スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

温泉

指きりをしたままずっと上がれない現実までの時間稼ぎの

ちぐはぐな手袋みたいな僕たちの千粒の雨溶かす湯の華


最終回「かとちえ短歌ストーリー」に投稿した短歌です。

「温泉」は、私の趣味なわけで、それだけにシチュエーションはいっぱい(汗)

表現したいことがありすぎて、上手く31文字に収まらなくて一番苦労したかも知れません。
結局、「えーーいっ!もういいやっ!」と投げ出し状態で投稿してしまいました(泣)

そんなわけで全く自信もなければ納得もしていない歌2首^^

最後と知っていれば、もう少し煮詰められたのかな・・・・・

それにしても、年末はやっぱりバタバタで短歌モードからハズレてしまいますよねぇ。

って、これは私だけでしょうか^^


スポンサーサイト

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
最新記事
メールフォーム
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

西野明日香

Author:西野明日香
ようこそいらっしゃいました!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。