スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二月

持ち越しの秘書類しどろに積むままに新た日めくり風にそよげり

雨上がりのひかる道なお光らせて入学試験へ自転車がゆく

大学の中退理由は真っ直ぐに言って来ればいい 寒椿咲く

花いちりん胸に挿すごと帰り来よ圧迫面接受けし青年

健闘を祈りてくれる不合格通知は細きためいきに飛ぶ

幾分か補欠通知に厚みあり「ビミョー」と子らは口揃えたり

粉雪の舞い上がり舞う儚さの夕べを超ゆる脚のしびれて

日輪に溶けだす雲さえ愛おしい 輝くものは影をつくりぬ

四則演算できれば良しと面接に言われし吾のむかしはむかし

どんな過去からおちてきたのかマカデミアナッツを噛みてやまず歩かず



スポンサーサイト

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
最新記事
メールフォーム
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

西野明日香

Author:西野明日香
ようこそいらっしゃいました!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。