スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の歌Ⅱ

二人きりになり一人きりになるどちらからともなしに鍋をつつけり


スポンサーサイト

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

今日の歌

大つぶを落して空はまっすぐに泣くなり人の前に泣くなり

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

今日の歌Ⅱ

信ずるのうらに悲しみもちて春 霞みて在れり山のむこうは

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

今日の歌

怒りつつざる蕎麦食みてなお泣きて空はまるごと青く動かず

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

今日の歌

母の死を電話に知りしとう義姉の電話に向かう山がはだかる


テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

今日の歌

寂しさが溢れるほどに家々は屋根の片側だけを光らせる

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

きれいになったスーツケース^^

先日のスーツケース事件。
羽田で荷物を受取ろうとしたけど、スーツケースのキャスターの部分が
割れてしまっていたらしく、修理して自宅に送り返してくださったのだったらしい。
夫曰く、もともと少しヒビが入っていて合計4回の乗り継ぎに耐えられるか不安
だったそう。
だけどなんのこっちゃない。伊丹から羽田までも持たなかったというわけでした^^

しかし、そういうことって結構あるみたいで、夫のスーツケースと同じ大きさの
同じような色の代替品がちゃんと用意されているらしく、しかもセキュリティーが
とてつもなくしっかりしているアメリカ用というのがあるらしい。
ちゃんと修理していただいたスーツケース。修理してくださっただけでなく、
とってもきれいにしてくださって夫は大喜びしております。
どうもありがとぉ。

走る走る

なんか、とりとめもないことを書いて走ってる。
相変わらず支離滅裂ことを書いている。
だけど震災には触れられない。
触れようとしても触れられない。
その理由はわかってる。
それは、自身が体験していないからだと思う。
寄せる思いはたくさんある。
それを歌に・・・・・とも思ったりするけれど、今は遠くから見守りたいと思う。
人は自然の前に無力である。でも共存していくしかないのだろうと思う。
それを見守りつつ、私のあり方も考えたい。


などと考えていたら
今日の午後、ものすごく大きな宅急便の荷物が届いた。
宛名を見ると夫であるからして、開けるのを戸惑ったけれど、差出人を見るとどうも空港からのようで
品名には「スーツケース」とある。

へ??
夫が旅立ってから(いや出張)から既に2週間になるわけで、到着メールも普通にあった。
なのに、なんでスーツケースだけが帰還しているのか(汗)
怖くてそのスーツケースの中身を見ていないけど、いやに軽い。
というか、大き過ぎて箱から出す気になれないというのが本音だけど^^

物が軽いってことは中身はないの?
着替えやら、えっとあとなんだろう??(えへっ・・・・知らない^^)
それらをむき出しに持っていったの?
いや、両手に持てるような量でもなかろうに・・・・・
現地から先に荷物だけ送ってきたか??
なんて思ったけど、送り主は最寄空港となっているからして、スーツケースは日本を脱出していないのだよね。

えっと・・・・・・お出かけになられてから二度ほどメールが来たけれど、そのようなこともこのようなことも書いていなかったわけで、気持ち悪くて中身が見られない。 いや、大きすぎて出す気になれないのだった。
というか、その二通のメールってば、一通目は
「無事到着」で二通目は
「金曜に帰る」でありまして。
電報かっ!!

今もなお、狭い玄関にその大きな荷物は鎮座しておりまして、恐ろしい・・・・・・

今日の歌

大酒を飲みくだを巻きくだらない女であるが人ではあろう

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

今日の歌

悔しがる子に何か言わなくちゃ言わなくちゃ言わなくちゃだけ心が言えり

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

今日の歌Ⅱ

側溝に黒いものだけ残されて薄桃色の花びらがゆく

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

今日の歌

思い出と言うには汚れ過ぎし日のその後を五度(ごたび)桜咲き散る

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

今月の歌

パンの耳袋にもちてこの先の白鳥池まで歩みしをゆく

揚羽蝶が怖い吾の子も怖がりてこの時期いつも夫はおらざり

暫くは誰のものでもなきおんな天神川の桜をくぐる

慣れる日と慣れぬ日ありて逆光に透ける桜はひとり楽しも

唐突に吹きだす風のゆく方へなびける髪を猫のみが見つ

子はいつかこれに乗りにき あきらめるあきらめないを揺らすブランコ

肌さむき夕にはおでん種買いてやっぱり吾は妻であり母

暗がりの窓の向こうに浪人の子も見ていたり 溶けそうな月

雨だろう明日に近づく夜は深く部屋をつつみて子は眠ったか

出張のたびブレスレット増ゆ一度だけついて行きたいと言いし日のあり


(例によって一部改作しました)


いつも見にきてくれる方々、すみません^^
見るたびにチョロチョロ変わっているでしょう?
まぁ、いつものことだけども。
でも、これ以上は多分変わりません! と思う。






テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

今日の歌Ⅱ

出張のたびブレスレット増ゆ一度だけついて行くとぞ言いし日のあり

少しずつ木の床の色濃くなりてなお濃く在れる妻でありたし





テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

今日の歌

唐突に吹きだす風のゆく方へなぴける髪を猫のみが見る



テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

今日の歌

暫くは誰のものでもなきおんな天神川の桜をくぐる

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

今日の歌

虚しさに触れあうのなら今だろう窓の開閉ちを夜半が伝える



テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

今日の歌

暗がりの窓のむこうに浪人の子もみていたり 溶けそうな月

たよりなき電球色の月が小さくちいさく空に吸われてしまう




テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

今日の歌(詠いたきゃ詠えっ)

寿の箱に入りたるブリリアンカットは遠視に輝きてあり

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

今日の歌

暮れなずむ夕にふさわし諦める諦めないを揺らすブランコ

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

今日の歌

バスタオル一枚を干すしばらくを飛ぶものばかり目にしてひとり

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

檜アレルギー?

二日ほど前から突然くしゃみと鼻水が止まらず、これは花粉症か?と思っていたら
どんどんその症状が激しさを増してきて、しまいに目にきてうるうると悩ましげな目になっておりまして

電話でその旨を話していた塔のKさんか言うには「今、檜アレルギーが流行っているわよ?」らしく、
ピンと来たのが、リフォームし立ての我が家の和室の引き戸(汗)

特に指定したわけではなかったのだけど、建具屋さんが、「サービスして檜にしておいたよ!」と
納品の際に言っていたのを思い出した。
新しい家は、結構あれこれの木の匂いがするのだけど、檜の匂いは特に鼻についているというか、
私は昔からお檜風呂の匂いが好きだったのだけど、この匂いは好きになれず、「ほんまに檜か?」と
思うほど、イヤミな匂い。

臭い臭いーーと思っていたら反応したのか、とにかくくしゃみが止まらない(泣)

というか、今日の今日まで檜アレルギーなるものを知らなかった。
そしてKさんに「初めて聞きましたっ!」と言ったら「さすが明日香ちゃんねー^^」と
笑われちゃいました。  ヘヘヘ

そう言えば、私は香水の匂いがダメ。
あれをつけて歩く人の気が知れん!!というほど、ダメダメで、くしゃみが止まらなくなる。
ううーーん、木の匂いもカ・・・・・・(悲)

とにもかくにも、この匂い撤去してほしい。




今日の歌

サッカーのゴールとなりし窓枠を拭いておりても子の声あらず

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

今日の歌

いくつもの夢を見たのち目覚めれば朝かと思う日暮れの空を

また癖になるよと言う夫おらぬ夜を更かしいる吾と窓に居る吾

スイッチを押せば明かりのあることを疑いもせぬ日々は過ぎにき

指ぐしに髪の長きをとかせつつどうしようもなく見送る零時


先週金曜日に歌会に参加しました。
「今」を詠んでのちに残すこと。
それをやらねば・・・・・・

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
最新記事
メールフォーム
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

西野明日香

Author:西野明日香
ようこそいらっしゃいました!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。