スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の一首

六畳に広く入る陽もカーテンの大きふくらみもC(ツェー)の音せぬ
スポンサーサイト

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

本日の一首

ゆっくりと旋回しながら行く船のようにこの部屋出でゆくピアノ

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

わけのわからない歌(汗)

わけのわからない歌をupしてしまった・・・・・(汗)

それで、ベッドを抜け出して消去することにした。

既に見てしまった方々、ホントにすみませんでした。
(よくあることですが)

どうか見なかったことにしてください~
(って、e歌会でも私はこの言葉をよく言っていたような・・・・・)

失礼いたしました。

少し前の歌集だけど

電話批評会、今日もありました^^

その知人が、栗木京子さんの「夏のうしろ」という歌集の感動から
覚めないと言うので、早速お取り寄せすることに。
理知的で聡明な栗木さんの短歌の読みはむつかしい。
これまたかなりの時間が必要なのだろうと思いつつ、届くのが楽しみです。

私はというと、ここのところ(前からかも?^^)どうも刺々しい歌ばかり
が並んでしまう(泣)
でも、歌の中までいい人でいたくないから、そのまま詠おうと思う。
決して多くの人に認められないかも知れないけれど、自分を偽ることは
したくない。
ただ、自分だけの呟きで終わってしまっては詠む意味がないと思うので
発信するという気持ちは持っていなければならないと思う。

私の拙歌に拍手ボタンを押してくださる方、本当にありがとうございます。
救われた気がして、素直に嬉しいです!

9月の歌

嘘ひとつ知るたびかなしストローを噛みながら見る青白き月

聞き飽きしことに聞き飽きしこと返す五分に足りしグラスを置きぬ

人でないかのように人に逆らいて「エスペランサ」とう店を出で来ぬ

残念と無念の間を抜け出せず東通りをとりあえず駅

終電に乗ってしまった 深々と後方車両の窓の暗闇む

あたりまえに生まれた町の駅に立つ 母さえ知らない私を迎える

すんすんと風切るほどの風のなき酒蔵通りにすず虫鳴けり

川の辺の等間隔の行灯にゆれているもの水のみならず

帰るバスも行くバスもないこんな夜は遠くを見るなり 山の灯(ひ)見るなり

つれなげに斜(はす)に構える三日月よ別れし人の日付けも変えしか


(ひとり言・・・)
1首目の歌がどうも自分の思う表現ができず、悩んだ末に下句を少し変えることに・・・・
でもこれもちょっと違うような(泣)
「川の辺の・・・・」の歌もいまひとつ納得がいかない・・・・
困ったぁ

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

本日のもう一首

すんすんと風切るほどの風のなき酒蔵通りにすず虫鳴けり

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

本日の一首

川の辺の等間隔の行灯に揺れているもの水のみならず


テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

本日の一首

マンションの存在感がわたくしを小さくしながら夜を深める

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

本日の一首

ひったりと鉄の扉の冷たさに閉じ込められる 人を拒めば


テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

本日の一首

遠き日の職場は今も夫の職場まばらな明かり終電に見ゆ

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

本日の一首

聞き飽きしことに聞き飽きしこと返す五分に足りしグラスを置きぬ

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

本日の一首

うえへうえへ登りゆくときつま先に支えられいて君が見えない


テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

最近の不思議

最近アナウンサーたちが「〇〇が人気です」と言う。
「人気です」という言い方は正しい?といつも疑問に思う。

大阪駅前の選挙演説で、小沢コールをしている人たちの
イントネーションが関西のイントネーションでない気がした
のは思い過ごしでしょうか。

今現在、仕事を投げ出して自分が勝つことだけに躍起に
なっている人に国民のことが考えられるでしょうか。

と、呟いてみる・・・・・・



本日の一首

二十年ものの赤ワイン、レコードに「待つわ」ずうっと生きてるものたち

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

教室の日

先週今週と二週続いた教室。

夕べ、激しい便秘と朝方まで格闘していたりしたので
睡眠不足のまま、苦手な批評に臨まなくてはならなくなった。
っていうのは、紛れも無く言訳ですが例によって自分が何を
発言しているのかわからないほどあがってしまう(泣)
やっぱり、批評は苦手・・・・
にしても今日は酷かったとその後の気持ちがずっと重い。

中学生あたりまでは、結構積極的に人前で発言できていたのに
どういうわけか(いやぁ、なんとなくきっかけはわかっているけれど)
苦手になってしまったなぁ。
ありとあらゆる「〇〇委員」なんていう役を引き受けて、結局
ひとりで被らなければならなくなってしまうということを繰り返した
のちに、だんだん表に出るのを嫌うようになったのだろう。と思うけど
もしかすると、もともとの性格がこんなだったかも知れないとも思う^^

長男もそれと似たような道を辿っているような・・・・・・・

というかそんなことより、初心の「人の歌こそ大切にする」という気持ちを
今一度、言い聞かせなきゃいけないと思った。

本日の一首

終電に間に合ってしまうしんしんと後方車両の窓の暗闇む

         ↓

終電に乗ってしまった 深々と後方車両の窓の暗闇む


に改作。
(こっちのほうがいいや)


テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

ゆっくりいこうや

さて、一ヶ月ぶりの受診。

「どない?」と聞かれ
「特に大きな問題はないです!」
と応えた。
けど、一点、ずっと気になることがあってそれは4月から続く耳鳴りと
言うと

「耳鼻科受診してみて?プレドニンの副作用かも知れないけども
一応耳鼻科で」と言われた。
まあ血液検査もしていて、その結果は安定しているとのことなので、
特に生活に支障のない耳鳴りは、慌てて今日耳鼻科へ行くこともない
だろうと私は思った。

そんでもって、あと1ヶ月、プレドニンを5mg減らすことに!!
わ~い♪

「年内に薬、切れれる感じですか?」と聞くと
「まぁ、慌てずゆっくりいこーや」と言われる。
ガクッ・・・・・・

体重???維持してますよ?
というか、2キロ減・・・・・
ここのところずっと野菜ばかりの生活をしてるからか、肉系を
欲しなくなったみたい。
ただ、バランスのよい食事は心がけなければと思う今日この頃です。

ちなみに「この耳鳴りは、もしかすると血糖値が下がっているとか
ではないですか?」と医師に聞いたら
「プレドニンを飲むとかえって上がるんだけどね」と言われ、「そうだと
思って、糖質、脂質はかなりセーブしているんで、し過ぎているのかと
思っていたもので」と応えると笑われた^^

「なんでよ?」と聞かれたので
「太りたくないから!」と応えると、(その年になってもか・・・・)という
心情が表情からありありと伝わってきたっ。
フッ・・・・女ですから!
(なんて思えるのは平和な証拠)

体調が最近いいので、バスで病院に通っているのだけど、帰りの最寄の
バス停あたりで同じマンションのお友達に逢った。
たまたまお互いの長男も二男も同い年で、その関係で仲良くしていただいて
いるのだけど、いきなりその人が走り寄ってきて「ねーねー!〇〇君(二男)
えらいかっこよくなってるやんっ!びっくりした!)と。
愛する息子のことをカッコイイ!と言われるのは、ものすっごく気持ちイイ!^^
しかも、私に似ていると言われるのは、2倍うれし^^
ナンチャッテ。
今夜のお酒はおいし~♪




本日の一首

秋は来てまた誰に言うでもないことが弱まりし陽のたまりに満ちる

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

本日のもう一首

美しき不貞などあるはずもなく糖質70%(パー)に目がいく

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

本日の一首

残念と無念の間を抜け出せず東通りをとりあえず駅

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
最新記事
メールフォーム
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

西野明日香

Author:西野明日香
ようこそいらっしゃいました!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。