スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとりごと

朝起きてなんでそんなことを思っているのか
私にもわからない^^
突然こんなことを思った。

「私」の対義語である「あなた」や「君」は短歌にはよく
使われるし、私はよく使うほうだと思う。
しかし、ふと今朝こんなことに気づいた。
「あの人」が出てくる歌には抵抗感があること(汗)
私だけかも知れないけれど、「あなた」や「君」「お前」は
ある意味その人物を特定しないでも読めるけど、「あの人」は
作者にとっての「あの人」と限定されてしまっていて
作者と読者との間に隔たりのようなものができてしまう気がする。
「あの人の・・・・・・」なんかではじめられてしまうと「あー
そーですか」って、私の中のヒネクレ虫が騒ぎ出す・・・・
って思うのは私だけでしょうか・・・・・・・

「あの人」は私は使ったことはないけれど、やっぱり今後も
使わないでおこうと思う(ごめんなさい。ひとりごとで(汗))
スポンサーサイト

本日の二首

意思を持つ雀の歩くジグザグがあなたのようで途方に暮れる

つなぎとめる手段のひとつとして向かう丸テーブルを延々まわす

テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

愛するということ

愛するということ静か たとえば湯に降る落葉ひとつ掬う眼差し

テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

本日の一首

一様に黙すべきこと黙しつつちんすこう食む職場は海原

もう少しお付き合いくだされるなら^^ ヨロシク。

「さまよいの果て波は寄せる 」 by 松任谷由実




泣いてかけてゆけばそこにきらめく海原       
けれど受け入れはしなかった私の弱さを
沖をすべってゆく船と足もとで遊ぶ犬と
風を切る鳥たちだけ自由だった

夢中になれる何かが明日へいざない
いつしか遠く旅したとあなたに告げる

いつも悩みをたずさえて潮騒をきいた
けれど答えは得られぬまま朝焼けは終わる
銀の雲間から差し込む光りいくすじも見とれ
冬の日の冷たさを忘れてた

消えてゆかないくやしさが私を導き
気づけばここへ来ていたと笑っていえる

言葉にない愛の透き通る手紙を
海はよせてくれる波にのせて

ああ失うものはもうなんにもなくて
心静かな私がはじめて見える

夢中になれる何かがどこまでも導き
いつしか遠く旅したとこの海に立ち告げよう


久しぶりに今日は気分が良いのです♪

松任谷由実さん。荒井由実の頃から私は好きなんです。
曲の素晴らしさはもちろんのこと、それ以上に詩人であるところ。
「春よ来い」の詩は有名だけど、更にそれ以前の歌で
「消灯飛行」の詩はもっと好き♪

というわけで、久しぶりに動画をup!



もうひとつ。「きみなき世界」是非聴いてくださいっ


4月の歌

人生の半分過ぎた全部とはどれほどだろうとひとり思えり

ロキソニン一錠に冷ますからだから結句なき詩を出してまた寝る

うとうととしている中に白黒の結句をみつけ、なくしてしまう

ベランダに来ているのでしょおそらくは室外機の陰に静める羽

粛々と夜は深まる人を撫で流されていく水の儚く

朝は来ぬ ツースピーカーより松任谷由実(ユーミン)はサラダのように悲を出してくる

じっくりと雲は動けり吾が頭上過ぎたるのちに戻ることなく

うすくうすく春の陽入りてなめらかなあなたの素足しあわせですか

目を閉じた暗さではなく死の暗がり。知らぬまま死は来るのだろうか




「塔四月号」の河野裕子さんの「塔のなかの読者」は、そのまま私に言われた気がしました。
なんだか肩の力がす~~っと抜けたような感覚。
やっぱり大先輩の声は凄いな。

ロキソニンとロキソニンの間になんとか更新^^
お知り合いのブログにコメントがなかなかできず失礼しています・・・・ごめんなさい。
おやすみなさい。


テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

なんだか嬉しい^^

今日、というか昨日、友人のこれまで詠まれた歌の中から
20首ほど独断と偏見で選んで、連作にしてみたら、これがまた
素晴らしい連作となってしまったのが、嬉しい^^
改めて、その才能に惚れ惚れしてしまった!
しかし・・・・
勝手にコレクションしたりして、私はストーカーの気があるかも(汗)
いやぁ、ここに披露したいけど、フフッ私だけのものです♪(イマノトコロ)

テーマ : 短歌
ジャンル : 小説・文学

一段落!

夫は28日の夜の便で帰国。
帰国して早々、翌日の二男の引越しの手伝いをお願いして
(鬼嫁?^^)31日は一日のんびりと過ごしていただいて
今日より、出社いたしました^^
二男坊は心機一転。新学期の準備をしている(と思いたい^^)
長男も長男で、短い春休みを満喫中^^
で、私は?
私は、日々「美味しいもの作り」に勤しんでおります。

子供の頃からの父の口癖は、「美味しい手料理を沢山食べさせて
あげなさい。」で、その家庭円満の秘訣(?)の教えを守るべく
今夜のおかずは、豚肉と茄子とピーマンの辛みそ炒め、ささ身の
フリッターを(酢と醤油1:1とラー油で作った、まぁ普通に餃子の
タレ^^)でいただくという思いつき料理、サラダ、お豆腐と薄揚げ
のお味噌汁を用意。
「美味いっ」と言ってくれるのはありがたいけど、帰国してから
夫の食べすぎ飲みすぎがかなり気になっております(汗)

って、そんな日々を過ごしている間、短歌をゆっくり詠む余裕がなく
今週の土曜は教室です。
慌てて、二首出詠したけどドキドキ・・・・・・

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
最新記事
メールフォーム
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

西野明日香

Author:西野明日香
ようこそいらっしゃいました!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。