スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

H21年度NHK全国短歌大会

先日(1/23日)は、久しぶりで東京へ行ってきました。
「NHK全国短歌大会」がNHKホールで行われたからです。

当日は、まだまだ短い短歌人生の中でお知り合いになれた方々と
お会いでき、笹公人さん、加藤治郎さん、穂村弘さん、東直子さんと
直接お会いして、しかもサインまでいただいちゃって、とても有意義な
一日を送ることができました。
快く、応じてくださいました先生方に改めて御礼申し上げます。

さて、私はというと伊藤一彦先生より「秀作」、岡井隆先生より「佳作」
をいただき、その他入選作として二作を選歌集に載せていただきました。

ここのところずっとスランプ状態だったので、とても励みになりました!
これに奢ることなく、一層精進してまいりたいと思いますので、今後とも
どうぞ宜しくお願い致します。


君の居ぬ時間(とき)ほど君は大きくてバサッと君を被りて眠る   
伊藤一彦氏(秀作) 岡井 隆氏(佳作)


「単身も悪くないよ」と言ひしのち眠つてしまいぬ写真も出さず  
入選

「痛い」って言っても一人 わが脛に念押すごとき空白の椅子  
題詠部門 入選


当日は、以前からインターネットで交流があった方々と沢山お会いすることができて楽しかったです!
仲良しのほたるチン^^は、同じく秀作に!!
もう少しゆっくりお話がしたかったケド、会えて良かった!
お世話になっている岡本雅哉さんには、大変お世話になりました!
ありがとぉ~~

又、見事特選に選ばれたことはさんには直接お会いできなかったけど、素晴らしい歌と岡井隆氏の選評を二階席から観る事ができてよかったです!

そんでもって夜は、学生時代のお友達と池袋で一夜を共にしてきました^^
当日お世話になった方々、本当にありがとう!!

最後に、これからももっともっと自分を磨きつつ、歌を磨きつつ、一層精進してまいりたいと思います。
中には100歳を越えるご高齢の方のお作もあり、研ぎ澄まされたその感性に感服いたしました。
人生の先輩方のお作には、実体験の凄みと申しましょうか若輩者の私ではまだ経験し得ないようなことを経験されてきて、それが短歌に生かされていることの凄みを感じました。
「続ける」ということの素晴らしさは、こういうところにあるのだということを教えていただきました。
身の引き締まる思いがいたしました。ということを記しておきたいと思います。


スポンサーサイト

1月の歌

例題のいくつかを解くブロック塀高く積まれし角曲がるとき

「・・・なさい」とふ言葉の消えてわれに添い母が小さく老いてゆくなり

どこまでも甘いわれなり巻き戻し巻き戻しするおぶわれし道

距離感の今朝はちぢまる六甲の輪郭に似て君が寝転ぶ

泣き顔の子のこと話すエアコンの生暖かきを身にとりこんで

ひとしきり言いて泣きしに雪よりも静かな視線いつまでも降る

平行線地図に引けば遥か北をつまづきながらあの子はゆかん

メールして返事の来ぬはゆったりと眠っていると思えよわれは

どこまでも雪の平面に降り立ちしからすのようでぽつんとわたし


とりあえず・・・・・

忙しい忙しいと言うのはあまり好きではないのですが

忙しいです!!^^

だいたい、「忙しい」と口にするということは、自分の能力の無さを
曝け出すようなもので、チョット自分が許せなくなるのですが
頭だけが何故か忙しいと申しておきませう。
頭の中で一度に沢山のことを捌く能力は、確かに無い。
しかし、何が何でも捌かねばなりません! ぇぇ。

今日は早朝から、毎度慣れっこになった北陸本線日帰りコースの旅に
出たわけですが、滋賀あたりで銀世界が見られて少し喜びました。
雪に包まれた杉木立も田んぼも、眩しくて眩しくてうとうと寝ている
場合ではありませんでした。

「白」と言えば、私はすぐ「正義」なんていう言葉が出てくるのですが
それを思うと急に最近の若者を思ってしまい、理屈っぽくなってしまいます。
一昔前の「正義を貫く姿勢」みたいなものが少し薄れていて、貫けぬ裏には
自信の無さのようなものが見え隠れするような、そんな若者を(皆とは申しません)
「弱い」と思っていたのですが、今日、改めて真っ白の世界の中に居て、
それは逆に「強い」のかも知れないと思ったりしました。

まぁなんと、具体性のない話題^^

自らを自らが認められればそれで良いのだ!的な。
大声で正義を唱えることのほうが、ある意味弱いのかも知れないなどと考え
ながら「白」に浸っておりました。

風景の色ひとつで、いろんなことを思うのだな。それを短歌にすりゃーいいのっ
てのはわかっております!!!


しかし、一首も詠めぬまま本日も終了です。

オヤスミナサイと言いたいところですが、まだもう少し起きていなければならなくて、
目が限界・・・・・(アウウウウウ)

オーーーーイっチューハイモッテコーーーイっ(誰が)


新年明けましておめでとうございます

旧年中は、大変お世話になりました。

不束者ですが本年もどうぞ宜しくお願い致します。

みなさまにとって素敵な一年でありますように

                             
                         2010年元旦


                            西野 明日香

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
最新記事
メールフォーム
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

西野明日香

Author:西野明日香
ようこそいらっしゃいました!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。