スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私もこうしちゃおられない^^

今日、11月30日は「題詠100首」の締切日でございます。
皆さんのラストスパートは勢いがありますね。
見ていてこちらもなんだか忙しく思えて、「こーしちゃおられないっ」
と思います。

どーしているの?という突っ込みが入る前に、言っておきますと
ここのところ、「短歌」、サボり気味でした(汗)
不調ということもあって、投稿意欲も以前よりなくブラブラして
おりました。
全く作歌していないわけではないのですが、思うように表現できず
これがスランプというものでしょうか(泣)
題詠100首を次々に完走される方のお歌を読んでいて、「これは
私もブラブラしていちゃいけない!」と思った次第です。
刺激を与えてくださって、ありがとうございます。

それで、最近詠んだ歌を少し並べて、ここから仕切りなおしです^^


十月の朝顔寂しオレンジのフェンスに青く夏のからまる

ハンバーグつくりすぎたという理由折箱に詰め列車に乗りぬ

吾だけが知っている君吾さえも知らない君と駅までをゆく

君を残し去る列車よりにび色の空と湖水が沁み込んでくる

車ごと呑み込みそうな雨の日の赤赤赤の点滅紅し

夏みかん分けようとしてちぎれない芯のかたさをきずなと思う

スポンサーサイト

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

喧嘩はヤメテ~~~

こんばんはぁ。

最近のニュースはどこのチャンネルでも「事業仕分け」は必ず取り上げられていますが、一国民として「このやり方でいいの?」とヤキモキしております。

議論というより、まるで喧嘩。
あの姿を子供達が目にして、どう思うでしょうか。
やり方はほかにもあると思います。
確かに無駄はあると思うけど、それは自分たち(民主党)のかかげる公約を守るため?

その道に精通したプロである官僚をもっとうまく利用しなくちゃと思うわけです。

権力を振りかざし、一方的に斬りおとしてしまうやり方が果たしていいのか。
というか、はっきり言って「子供手当て」と宇宙開発を天秤にかけて、私は明らかに宇宙開発に重きを置くべきと思うのですが・・・・
だって、宇宙開発に携わっている人々は、官僚や天下りだけではなく企業人は数え切れないほどそれに従事しているのですから。
国民が、仕事を追われて何が子ども手当て?
本当に子育てでお金がかかるのは大学生を抱える家庭ですのに!
高校なんて義務教育ではないのに何故タダ?
タダとなれば、留年したってへっちゃら。なんていう子供が増えること間違いなし。
少なくとも、厳しい経済の中、親が頑張って学費を払ってくれているという意識なしに、勉強意欲が持てる子がどれほど居るでしょうか?
また、「国民の税金で高校が成り立っているのだから、なんでもかんでも卒業させちゃえ」てことになりませんか?


正義の味方のつもりか知らないけれど、あの喧嘩腰の議論(?)あれほど見苦しいものはないと私は思います。
つるし上げて何になる??
私は、こんなやり方を期待して票を入れたのではないですわ。
かっこよくもなんともないっ!!


もうやめて~~~っ

もう、なんだか腹が立ちまくりの今日この頃。失礼しました。

お久しぶりです。

先週末に金沢へ行ってきました。

大阪から特急サンダーバードで約2時間半。
駅に着いても右も左もわからないので、タクシーで移動することに。
観光地ということもあってか、運転手さんは愛想が良く感心しました^^
最近では、タクシーの車内も禁煙が多くなっていて私にとっては
ちょっと、いやかなり厳しいお達しです(泣)

ダメとわかっていて乗車すれば必ず聞いてみる「き、禁煙ですよね?」
すると運転手さんは少し間をとって笑いつつ「タバコスエラーヨ」と仰った。

うん?「スエラーヨ???」(吸ってもいいよ?吸ったらダメよ?)手に煙草を持ったまま
一瞬考えて、関西風に考えると「吸ってもいいよ」と都合の良い解釈に
なにそうなお言葉^^
でもやっぱり聞いてみよっと思って思い切って「すみません、それは吸ってはダメ
ということですか?^^」と言ってみたら、やっぱりダメということだった^^
ガックリした私に「まぁいいよ」とにこっとしてくださったので、窓全開にして
1本失礼しました^^

行き先は息子の下宿先なんですが、到着するまでの間ずっと運転手さんの
煙草をかつてきっぱりやめたときのお話を延々聞きながら、二十分ほどで
到着。
ノックをして息子の部屋を開けてバッグをスルっと降ろした瞬間から大掃除の
始まり(汗)
だって座るところがないのだから^^
のこのこと帰宅してきた息子に文句を言う暇もガッツもなく、ただ只管黙々と
たった6畳の部屋を2時間半ほどかけて・・・・・・

もともと息子は割りと綺麗好きであったはずなのに、人というものは変わるもの
らしい。
「一旦崩れきった部屋を自分が片付けるのもウンザリしてそのまま・・・・」と
いう言訳を聞きながらひと晩過ごしました^^

まぁ、そんなこんなで甘い親かも知れませんが、男の子はほおっておくもの
じゃーないと痛感した次第です。


鱒寿司を土産にせよと言いし子の指さす指の遠くなりけり


カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
最新記事
メールフォーム
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

西野明日香

Author:西野明日香
ようこそいらっしゃいました!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。