スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

041:越(西野明日香)

「天城越え」地に這わせつつぇぇわたし家の柱にぶら下がってます
スポンサーサイト

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

042:クリック(西野明日香)

情熱の漲る胸の指先がまだ君の肩 クリックしてる

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

040:すみれ(西野明日香)

ゆんわりと溶け込んでゆくふたりしてすみれの花のぬるさに触れて

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

為替レート

またまた、じわじわと円が高くなってきました(泣)

夫からの送金が待ち遠しい今日この頃なのですが、振込まれる時期になるとこういう状況にいつもなっていて、どうもタイミングが悪いです。

それで、毎日ドル→円の載っているサイトを開けるのが面倒になり、とうとう自分のブログに貼り付けちゃいました^^

ぁぁしかし、2年前までは1ドル確か104円くらいだったのに、10円も安くなってしまうと大きな打撃を受けてしまいます。
というか、昔は1ドル120円とかだったですよね(古?)
(追記)って一旦書いてupしたんですけど・・・1ドルラーメンで思い出したっ!! 200円の時代もあったんだった(ここまで追記)

せめて100円台に乗って欲しいなぁ~。

どなたか、見通しの利く方、いあ、占いでもいいから、いつ頃100円台に乗りそうかと予想されるか教えてくださいな(切実)

ていうか私ったら、これほどメキシコ国内混乱の渦にあるというのに、お金の心配ばっかりだ^^

ぁ、でも!!!!

一応無事は確認しました(鬼ではないのだ^^)

そうそう、豚インフルエンザが大流行と聞いて、一応心配してTELしたのに

何やら電話の向こうがザワザワ、ワイワイ・・・・・・・

当の本人、呑気に飲み歩いているんだもんっ!

「あれ?今家?」(てなはずがない騒がしさ)

「え?いや?ちょっと飲みに、いやお客さんと・・・・・・」

てな具合でございましたから。

とはいえ、メキシコシティーでは大変ですね。

夫はシティーから少し離れたところにいて、週に1度ほど打ち合わせなどで行く程度のようですが、それも今は中断しているのかな?
かなって・・・・・・(汗)





テーマ : 生活向上のために
ジャンル : ライフ

039:広(西野明日香)

決断をするにはここは広すぎてあの橋渡る風を見ている

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

038:→(西野明日香)

大阪→(から)結局どこへも飛べずして往復切符に触れる指先

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

かとちえの短歌色物語

昨日は一日、短歌一色の私でしたが

「第2回かとちえの短歌色物語」のほうの今回のお題は「桜色」

これに、二首投稿していました。

そのうちの一首を優秀作に選んでいただいたので、またまた嬉しい明日香です。

優秀作

お題:「桜色」

加藤千恵氏選(今日は間違えないっ)


足先に散らない桜施してあなたを越えてゆく 今度こそ

イメージとしては、またまた意地の悪い女^^
まぁ、寝そべっている彼に桜色のペディキュアをチラつかせ、ふんずけて越えてゆく!!
みたいな・・・・・

いあ、これは比喩なんですが(言われなくても解ってるって?^^)

そしてもう一首投稿していました。


春は春 あなたがいてもいなくてもショットグラスに咲かせる「SA・KU・RA」


これは「SA・KU・RA」という名のカクテルがありまして、「桜色」というお題から真っ先に連想したのはやっぱり・・・・・・お酒でしたわ^^
これが綺麗な桜色のカクテルで、隣に別に彼が居なくたって、ひとりで呑んだって綺麗で美味しくって楽しいやーい!!
っていう意地っ張り女のうたでした。

っていう私の歌はこのくらいにして

今回の優秀作の中で、とっても感動した作品がひとつありました。

ここで勝手に披露してしまっていいのかなと思いつつ、すみませんお仲間なので許してネ。


あの人は桜の色にさらわれた 僕が僕になれないからか(チェンジアッパーさん)

なんとも切ない、その切なさが素直でなんとも意地らしく思いました。
「桜の色にさらわれた」という表現も素晴らしいと思ったし、下の句の字足らずなところにまた若さが感じられる。
「僕が僕になれないからか」にはきっと「・・・・・・」と続いていて、素直になっていれば、こんなことにはならなかったのか?いいえ、ここでは「僕になれないからか」と現在形で言っているので、「僕はなれないのだ」これが本来の僕なのだ。切ないのだけど潔さのようなものが感じられる。
(ほぉら、勝手にまた思い込んでる私。すみません)

でも、青春してるなぁーってかなり感動した歌に出逢えました。

PS:しかし、性格の悪い意地っ張りな私と、青春真っ只中の真直ぐな少年と・・・・対照的ですね(トホホ


テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

日本全国短歌日和

BS2で5時間生番組で放送された「日本全国短歌日和」。

「5時間、長いなぁー」と思っていたけれど、アッと言う間に終わってしまいました。

予め出されていたお題は「ただよう」と「苺」

ってことで、私も出詠することに・・・・・・・

お題「ただよう」では

ただよわせただよわせつつ見る月はたて笛の音(ね)をますぐに降らせる

ほの青く細くけむりはただよいて確固たるものぼやけて見える



「苺」では

水面をジャンプする石のかたちした赤い苺と向き合う夕暮れ

店先のひと際光る苺抱きふいにあなたの駅へと急ぐ

泣かないと決めかねている夕暮れに鉢合わせしたいびつな苺

を投稿しました。

もう気づいている方もおられると思いますが、苦しいときの「夕暮れ」(汗)を2作に使ってしまい、ちょっとワンパターン。

それでも、作歌のあさのあつこさんがこの中の一首を選んでくださいました(ホッ)

番組中で読んでくださった歌は

泣かないと決めかねている夕暮れに鉢合わせしたいびつな苺

「たぶん若い方だと思うのですが」という嬉しい評をいただき満足です^^

スミマセン(泣)

この歌は「水面をジャンプする」の歌とセットで作ったのですが、私的には実は「水面を・・」の歌がお気に入りでした。
でも、この歌だけでは解り難いと思って、もうひとつ「泣かないと・・・」の歌を解説のつもりで詠んだのでした。

番組では、何人かよくお目にかかる方とご一緒できて楽しかったです!

しかし、入選作はどれも「なるほど!」と思える凄みのある短歌ばかり。
ひとつのお題で、これだけたくさんの捕え方ができるのだなぁと改めて感心させられました。

いつも思うのですが、短歌には「人となり」が表れるのですね。
とっても勉強になった5時間でした。



テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

食べ物の歌

こんばんは。

今回の「笹短歌ドットコム」のお題「食べ物の歌」ということで、難しかったです。

以前NHK短歌のお題でも同じお題がありましたが、やっぱり苦労しました(泣)

簡単に言えば、私はあまり食べ物に興味が無いというのが正直なところですが・・・・

なんとか五首、投稿致しました。
振り絞って振り絞ってやっとこの五首。
えいっ!もういっちゃえ!!という気持ちで投稿を済ませました。

赤すぎるだけの温室トマトゆえ白いソースを探す夕暮れ

割りそこねた卵のような心して月がゆくのを待つだけの夜

包まれた餃子シュウマイ好きと言うあなたを噛んで泣きじゃくりたい

本当は歌ってほしい横顔にクールミントのガムを差し出す

祭にはあなたをきっと越えていてリンゴ飴より綿菓子を買う


以上五首。はぅぅぅ。まぁ、こんなときもあるさ^^

で、ついでにテンプレート替えてしまいました(いつもすみません)


テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

天橋立の旅

女の子5名&トイプードルのYUIちゃん。計5名と1匹の旅。

2泊3日で呑んだお酒の量は、ビール24本、日本酒1本、麦焼酎2本そしてワイン1本^^

そんなこんなで、例によって写真どころではない中なんとか撮った写真をupしながらレポートいたします!!

橋立1

天気も良くて綺麗でした。
山の上までリフトで上がったんですが、何度もスキーでリフトには乗っているというのに未だに慣れません(泣) 気持ちわるーい。
けど、頑張って上がった甲斐がありました!

股覗き

変な格好で失礼^^(私は真ん中)
天橋立は、「股覗き」と言って、こんな格好で覗いてみると、天に架かっている橋に見えるのです。

逆さ

ね?見えるでしょ?
普通に見るよりも、何故か大きく感じました。

眺め

お泊りしたところから見たた風景です。
すぐ真下にはバーベキューが出来る浜辺がありました。
潮の香りがほのかに漂う素敵なマンションでした。

ということで、良いお天気のお昼はもちろんバーベキューです!
しかしアレですね。
女の子ばかり5人。主婦とは言えこういうときに男性が居れば良かった・・・・・
だって炭に火が点かない!

バーベキュー4

ええーん(泣) 火が点かないよぉぉぉ!
しかし、しかし絶対なんとしてでも食べる!
割り箸20本くらい燃やして何とか種火をつけて、後は食べて食べて呑んで呑んで~~♪

バーベキュー2

「もうあなたたちにに振り回されて私はくたくた~~」
YUIちゃんは車の中でお眠ですzzz・・・・・(ご苦労さま)

そして夜は大望のカニすきです!!
1箱てんこ盛りで8000円也!安いっ!!
って画像が無いのは・・・・・・そう、既に酔っぱなのであります。
私は、どこに行っても「しょーがない子」なので思い残すことなく喋りまくって、ただ呑んで食べるだけの人ですが、喋り足りなかった人、ごめんなさい^^
1週間あれば、皆がまんべんなく喋りきれただろうに^^

あっと言う間の3日間。
またそれぞれの日常へ帰って行きました。
でもこうして学生時代の友達と旅行に出られるのは幸せです。
東京、横浜方面から来てくれた子たち、ありがと!
そして1年後にまた必ず集まることを誓って仕方なく帰ってきました。
そんな私は、早速短歌な毎日。。。。。
と言いつつ、少し短歌モードから外れてしまったような(汗)

今回の「笹短歌ドットコム」のお題「食べ物」に苦労している明日香です。










ただいまです!&NHK短歌

ただいまです~♪

楽しかったぁ~~^^

2泊3日、天橋立レポートは後ほどゆっくりup致します!

それはそうと、帰宅したらポストに「NHK短歌」が届いておりました。

今回のは(も)、不出来だったなぁ・・・・と思いつつ恐る恐る本を開いてみて、びっくり。

高野公彦氏、辺見じゅん氏、川野里子氏よりそれぞれ佳作を頂いていました!


NHK短歌5月号佳作

お題「線」

選者:高野公彦氏

四十年真直ぐに歩みし人の声線から円へと変わりて定年

お題「開く」

選者:辺見じゅん氏

新しいページを開く指先が汗ばんでいる小春日和に

お題「梅」

選者:川野里子氏

真夜中の工事現場の電球を支えておりぬ満開の梅


高野公彦先生にははじめて佳作をいただきました!

嬉しいですっ。

ありがとうございました。

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

これから・・・・

京都は丹後半島まで行ってきます♪

温泉、カラオケ、ゴルフにテニスに温水プール、なんでも揃ってるリゾートマンション。

2泊3日の旅です。

高校時代の部活のお友達5名様一行で旅に出るのは初めてなので、楽しみです。

いつものように酔っ払ってしまわなければ、レポート用の写真も撮りたいなと思っていますが、うん。酔っ払ってしまわなければネ^^

それからブログ、更新する暇があれば更新したいと思います。(多分するような気がする^^)

あぁ、部活と言えばこのドンクサイ私、実はバレーボール部に所属していました。

ちっこい私でもちゃんと生かせるポジションはあるのです^^

そう、リベロです!

負けず嫌いの性格はこのバレーボールで培われたのかもしれません^^

それではそろそろ行ってまいりまーす。

037:藤(西野明日香)

藤波の思い煩う青春の刻まれしシワ深くなる父

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

036:意図(西野明日香)

意図さぐるゲームのカード差し戻すわたしがわたしであることのため

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

035:ロンドン(西野明日香)

休日をロンドン気分で過ごすべくスコーンさえも甘さが足りない

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

034:序(西野明日香)

やんわりと黒髪なでる風に逢い夏の序曲はふいに始まる

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

033:冠(西野明日香) 再投稿

冠水の道をゆく覚悟持てぬまま迎えた春の桜は眩し

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

3月e歌会

3月e歌会。
お題は「想」でした。

帰らざる日々を想いて春の日に吾子のスーツ一式吊るす


砂利道につまづき仰ぐ冬空にあなたの腕の遠さを想う

下の歌は、私のミスで作者名入りで出詠してしまった歌でした(泣)
慌てて、上の歌を出詠し直しました。

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

笹短歌ドットコム

今回の「笹短歌ドットコム」、お題は「建物」でした。

ちょっと冒険しようと思って、思い切った内容の歌を5首投稿しました。
でもうーん、やっぱり自分に酔いしれてしまった感じです(泣)

ブログには2首紹介していただいています。

ぼくたちはどうせちぎれてしまうからエッフェル搭の風はいらない

聖堂に張り付く膝が動かない 眩しきマリア遠すぎる道

投稿してのちに、何度も読み返してみると日が経つごとに反省点が増える(汗)
作歌の際に自分の思いにのめり込んでしまっていることに、後になって気づくことがまだまだあります。

できるだけ、作歌後数日間寝かせようと思ってはいるのですが、我慢が足りない。
慌てない慌てない・・・・<自分


テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

032:世界(西野明日香)再投稿

引き算をしてゆけばほら真っ白な世界に戻る君とは別の

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

いろいろとやっちゃいました(汗)

あれだけ、息子の引越し準備に余念はないと、確認に確認をして出発したのに・・・・・・

新品ノートPCは持って行った!!! しかし、説明書を入れ忘れた(泣)

現地近くにホームセンターがあると聞いていたので、現地調達しようとした物があまりに多く・・・・・

30日に大物を買って、31日に小物と買い忘れを買いに行き、それでも忘れた物を一日に買って、「よしっ!!!!これで全部揃った!」
と思って帰ってきたのに・・・・・・

「洗剤がない!!!!」と息子からメールがぁ。
「洗剤くらいそっちのスーパーで買いなさいよぉ」と返事。
「フッまだまだ赤ちゃんダナー」などと思っていましたら

「ねぇー、俺の貰った学生証、かーさん持って帰ってない???」とまたまたメール・・・・・

「そんなことあるはずがない!!!!いあ、チョットマッテ」と見たらば、ある!! 持って帰ってるーっ!!!!(汗)

次に来たメール・・・・

「なぁ、僕のゆうちょの印鑑はあって、通帳はないん???」

「あーーーーーっ!!」

むぅ・・・・・・

私はいったい何なのっ!

慌てて、速達の書留でそれらを送った。

その他もろもろ、やり散らかして、やっと今日落ち着いた次第です。

だいたい、出発の前にリストアップしていたメモを持たずに行くようなことをするからこうなるのです(ワカッチャイルケド)

そんな私に似ている次男坊。

ひとりでどうするんだろう?^^

昨日は早速、部活動や同好会の勧誘が盛んらしく、身長は170cmを切り、小柄な次男を捕まえて、激しくアメフト部からの勧誘に遭ったそうで、食事会なるものに無理矢理連れて行かれたそうな・・・
「部活の勧誘ならともかく、変な勧誘に乗らないでくださいよー(泣)」と口を酸っぱくして言い聞かせてきたらば、きっちり部活の勧誘に負けているようです。

ていうか、アメフト部って^^

ひ弱な息子に声かけるほうもほうだわ^^

なんだか先が思いやられます(汗)






031:てっぺん(西野明日香)

もう遠い僕らの夏よてっぺんから広がる海の青さのごとく

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
最新記事
メールフォーム
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

西野明日香

Author:西野明日香
ようこそいらっしゃいました!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。