スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年一年お世話になりました

いよいよ今年も大晦日がやってきました。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

私は、連日飲んでぇぇ飲んでぇぇぇ食べてぇぇ飲んでぇぇ。の日々を送っております。

そして、短歌の方は今年最後の締めくくりに、さきほど私らしくトボトボの後ろ向き短歌をup致しました。
今年は、3月から題詠100首に初参加させていただき、全くの初心者がいきなり大海へ出てしまいました。
けれど、そこからたんさんの人との出逢いがあり、又勉強させていただくことができました。

しかし、元々自己表現が下手な私で、会話でもメールでもなかなか人に思うことが伝わらない私。
そんな私が短歌という31文字で表現できるのかしら?と思っていましたが、もしかすると31文字だからこそ表現できることがあるのではないかと思うようになりました。

そして、拙い私の短歌を読んでくださった方々、有難う御座いました!

って来年も詠みますけどね^^

どうか懲りないで覗いてやってくださいまし^^

来年の抱負っていうのは・・・・・・・・特にないですけども、地味にマイペースでやってゆきたいと思います。(派手なのは顔だけにしとくっ!^^)

それでは皆々様方、お餅は喉につめないように! お酒は飲みすぎないように!(こりゃ私)

良いお年をお迎えくださいませ。

                                             By 西野明日香
スポンサーサイト

テーマ : つぶやき
ジャンル : 小説・文学

哀しみはまるで魚の背の鱗はりついたまま拭えぬ鱗

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

本音

あなたには見えない本音 私はもう賞味期限の切れた缶詰

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

突風

不意打ちの突風にまた襲われて最高最悪くるくるまわる

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

今夜はテレビで携帯短歌

12/22にいつものラジオ番組がTV放送されるということで、私もめっちゃ久しぶりに投稿してみました。

しかし投稿してみようと思ったのが締切りの3日ほど前だったので「冬」「恋」「付け句」の3つのお題の中から「恋」に絞って投稿することにしました。

先日、その中から3首、一応お気に入りをこのブログにも載せていたのですが^^
3首とも外して、またまた「へ?それ?」という歌2首が放送外で、採用されていました。
またまたびっくり^^

穂村弘さん選

まばたきをしない時間を競い合った初恋残して卒業できない

だいたひかるさん選

ていねいに面取りされたじゃがいももう崩さないこの恋も煮つめる

でした。
まぁ、解りやすいといえば解りやすい歌2首。

愛する穂村さんに一首くらいは採って欲しかったので満足です!^^

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

念願の「八重勝」で食む!^^

22日についに行ってきました!!!!

大阪市営地下鉄「御堂筋線」の「動物園前」を降りてジャンジャン横丁へ。

そう! ここには有名な「通天閣」があり、私は関西に住んでいながら生まれて2度目に訪れた街。
1度目は、子供の頃に父に連れてきてもらった記憶が微かにあるだけで、街の雰囲気などほとんど覚えていません。
だから、今回は前日からワクワクしていました♪

そして、忘れず写メも撮ってまいりました!!!!^^

ジャンジャン横丁

通天閣です!
聳え立っていました!
街にはあらゆるところに「串かつ屋さん」があります。「串あげ屋さん」ではないのです^^

そして、私達は日本一おいしいと言われている「八重勝」さんを目指しました。

じゃんじゃん5

通りを挟んで向かい同士に同じお店が2軒建っています。
どちらのお店も、お昼というのにお客さんでいっぱいでした。
こういう下町で食べたかったんです。
安い!うまい! ホントに堪能致しました。

じゃんじゃん4

お連れが「土手焼き食べたい」と言うので、串があがるまでの間この土手焼きをいただきながら待つ事にしました。
って実は私は、これは苦手なのでお連れにおまかせ^^

じゃんじゃん3

カウンターだけのお店で真ん中に厨房があるので、何処に座っても揚げている人の様子がよく見えます。
私は結構ゆっくり食べるタイプなので、一度に頼まずチョロチョロ頼むイヤなお客かもしれません。
お値段は一串100円からあり、その安さの割りにネタが新鮮で、しかも大きかったので食べ応えもあってびっくりでした!!
そして、おやつ感覚で食べられる。サクサクの衣がそんなに厚くなく、カラッと揚がっていました。
私達は「まずはヘレだ!!」といきなりヘレから^^
お肉のやわらかさにびっくりでした。

ジャンジャン2

そして私はれんこんが大好きで、串かつ屋さんへ行くと必ず頼みます。
一つの串に2つついててボリューム満点^^

ぁぁ、そーそー、串かつと言えばビールですよね。
ビールもキンキンに冷えてて美味しかった♪
写真には載っていませんが、ここのお店の一番のお勧めは「エビ」です。
メニューの中で一番高いのが、このエビですがそれでも1本400円也^^
プリップリのエビがカラッとした衣をつけて登場。
このお店の美味しさは、たぶんネタの新鮮さと衣にたくさん入っている「山芋」のマジックにあると思いました。
結構トロトロの衣に、薄くパン粉がつけられて、サッと揚げます。



余談ですが、厨房のおにーさんの右手は、きっと油が飛び散った跡と思われる火傷のあとでいっぱいでした。
ある意味「勲章」に見えました。
このお兄さんの揚げ加減ひとつで、この味が生まれるのだなぁ、とちょっと感激してしまいました。

一度、大阪にお越しの方は、お立ち寄りくださいませ。
お勧めです!
実は最近このお店はTVにもよく出ているので、そういう店ってどうかなぁ・・・・と少し不安もあったのですが、なんのなんの、忙しくても平常心で淡々と調理している様子。
忙しいからって手抜きなど全くないようです!

店を出て、少しブラブラと街を歩いたのですが、高架下では出店があったり占いのおばちゃんが居眠りしていたり^^
それから駅前にむかーーし子供の頃にも見た記憶のある例の「歌謡ショーなんとか」^^がまだありました!
一条○○○さんで有名なところです。

そんなこんなで、大はしゃぎした一日でした。


クリスマスイブイブの日に始まった 串かつのエビ食べてしまった


私は、鯛ほどいい女ではないのですが^^ しかもイブイブイブだし^^




テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

NHK短歌

めっちゃあがってしまいました(汗)

今日、NHK短歌から電話があり入選したとのお知らせを頂きました!

まさかの歌で、自分でも「えっそれが??(汗)」という一首だったのでなお更びっくりしてしまいました。

最近ちょっと落ち込み気味だったので、パーッと花が咲いたようです。

しかし、歌意を聞かれても・・・・・本当に何の気なしに作った短歌だったので焦ってしまいました・・・・

にしても嬉しいです。有難う御座いました!!

尚、放送は2009年1月18日です。

名前は私のペンネーム「西野明日香」で出していますです。

1ヶ月も先の話ですが、今からドキドキしてます^^

前奏だけ振られたタクト遅れずにあなたの音色に研ぎ澄ます耳


板チョコのカケラを口に含ませて2時間もたせたあとの妄想


今ならば引き返せるの今ならば冗談でしたと上書きするログ


ちょっと抽象的過ぎたかしら(泣)
久しぶりに「今夜はテレビで携帯短歌」に実は投稿していたのですが・・・・(汗)
どうもこの「後ろ向き加減」がいけないようです!
仕方ないなぁ・・・・・(トホホ)

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

電話

この冬も痛む関節どうしても忘れられない古傷引きずる

ごめんねとあらば収まると本当は子ではなき人に言うはずのこと

謝っては貰えぬ人を考えて吾の胸だけに降り積もる雪

秋が去り冬もやがては去るのだろういびつな雲が張り付いたまま

雪解けを待つ川の如くじんわりと灰汁除きつつタンシチュー煮込む

朝空はペパーミントの味がした どんな夜にもちゃんとくる朝

八十五の冬を知る人の生ゴミをついでと受取る 手に触れたくて

3秒のラ・カンパネラはふいに来る君色の朝を運ぶ電波

「ただ誰かと話したかった」と君の声 わが心に点くほのかな灯り

寂しさを溢れる分だけ出し合ってそれぞれの今日へ漕ぎ出す僕ら

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

Get along Together

今昼ドラで懐かしい曲がかかっています^^

山根康弘さんの「Get along Together」

思い出の曲なんです。

短歌がスランプのときは、思い出に浸るのが一番です~^(私だけかも)




好き

身包みが剥されてゆく君の手にとうとう「好き」と吐いては泣いた

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

歌誌「塔」12月号

12月号届きましたっ!

今月は5首掲載してくださっていました。

が・・・・・・私はダブッて投稿していたのか、先月掲載されていた1首が今月もありました(汗)

掲載作品はこれです。

小林幸子先生選

大学へ行きたいという子の眼(まなこ)が星飛馬より燃えている夏

初めての挫折を味わう子の前でわたしはとにかくシチューを煮込む

夫より電報のようなメール来ぬ異国の匂いのひとつもなしに

六甲が鮮やかなる日収めたる携帯メール君へ送らん

心地よい距離のあいだで混ざり合うあなたの匂いとわたしの匂い

でした。

3首目の歌が先月とダブッているのですが、実はこの歌が原作で、先月は黒住先生が改作してくださった歌が掲載されていたので、結句が微妙に違います。


ところで、毎月の締切りが20日なのですが、今月はまだ1首も詠めておらず(汗) 焦っております。
困った・・・・・どうしよう・・・・・





テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

北風

北風に頬を叩かれる今よりもずっと痛かったあなたのキスは

贈り物

氷点下の朝までに贈るマフラーがあと3センチであなたに渡る

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

温泉

指きりをしたままずっと上がれない現実までの時間稼ぎの

ちぐはぐな手袋みたいな僕たちの千粒の雨溶かす湯の華


最終回「かとちえ短歌ストーリー」に投稿した短歌です。

「温泉」は、私の趣味なわけで、それだけにシチュエーションはいっぱい(汗)

表現したいことがありすぎて、上手く31文字に収まらなくて一番苦労したかも知れません。
結局、「えーーいっ!もういいやっ!」と投げ出し状態で投稿してしまいました(泣)

そんなわけで全く自信もなければ納得もしていない歌2首^^

最後と知っていれば、もう少し煮詰められたのかな・・・・・

それにしても、年末はやっぱりバタバタで短歌モードからハズレてしまいますよねぇ。

って、これは私だけでしょうか^^


テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

大掃除に着手しましたっ!

やっと、大掃除に取り掛かりました。

って報告するほどのことでもないんですが^^

ウチには男3人分のマンガ本がどっさりありまして
古本屋さんを開業できるのではないかというほどあるのですが・・・・・

部屋の広さは変わらないのだ!
処分してくださいよ!と訴えかけ

結局、どうしても捨てられないというので、片っ端から廃品のごとく紐でしばり
クローゼットに押し込めてやりました♪ フフッ

腰が痛いです(泣)

しかしマンガ好きの人って、なんで一度読んだ本を何度も何度も引っ張り出して読むのでしょうか。

どうせなら参考書を何度も読み返して欲しいものです^^

そうそう、来年のおせちはお取り寄せしちゃおうかと思っています。

どなたか、お勧めのおせちはご存知ないですか?

毎年お取り寄せしたいと思いつつ、なんだかんだで年末になってしまい、仕方なくおせちらしきものを今まで作っていたのですが、今年こそっ!絶対作らんぞぉぉぉと気合入ってます^^

でもネットで検索していたら、目移りしてしまってなかなか決められない・・・・・・

ここのは美味しいよ! というのがありましたら教えてくださいましっ。


樹海

かさかさと落ち葉の絨毯敷き詰めたあなたの胸を踏んでいるよう

光りなき樹海の奥に迷い込む 真っ直ぐな道も歩けなかった

叩いても叩いても顔を出すモグラ 本当の君どこにいったの

点滅の信号を突き抜けるほどの信じるものを無くした悲しみ


テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

消えてゆくシャボン玉吹いて吹いてなお飛べないままに消えてゆく恋

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

十二月

鈴の音が聞こえてきそうな十二月さよならの前に雪が欲しいよ

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

人形になれと言わない母として送り出す吾子春より下宿

押しつぶされる想い

ぺしゃんこのクッションみたい膨らんだ想いがこうして押しつぶされる

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

寂しさに街へ街へと走らせる車を囲む雪の重さよ

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

ひとり居の夜は大さじすりきれの一杯分の涙に留める

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

指人形

手袋で作った赤い指人形 誰も知らない私と出会う

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

起きぬけに見るボタン雪はじめての君との出会い思い出される

リニューアルしました!

「すっぴん明日香」を元に以前の「明日はハレルヤ」ブログの一部をこちらへ移行完了いたしました。

これまではパスワード設定されていましたが、どなた様にも観ていただけるように致しました。

(申しわけございませんが、携帯のDocomoだけは対応しておりません。すみません)

これまで「明日はハレルヤ」に来ていただいていた方、新しく「水の中のASIAへ」に辿りつかれたかた、不束者ではございますが、どうぞ宜しくお願い致します。


「明日はハレルヤ」(これまでのブログ)はこちら

「塔 11月号」 掲載作品

塔11月号が届きましたっ!

8月に投稿した歌が3ヶ月遅れて11月号に掲載されます。
丁度スランプの時期で、どの歌も気に入らないままにそれでもなんとか10首出詠したのですが・・・・・・・・

4首も掲載されていて嬉しい限りです。

そして、もうひとつビッグニュースがっ!!!

これは後ほど^^

まずは掲載作品から

黒住嘉輝先生選

空港で「じゃあ」と自転車に乗るように夫は向かった危険な国へ

夫より電報のようなメール来ぬ異国の匂いどこにもあらず

真新しい記憶のカケラはめ込めばやさしい嘘の絵になる水曜

寂しさがほんのつかの間癒されるビニール傘はみな同じ顔

以上4首でした。

そしてっ!!!!!!

何度も目を疑ったほどびっくりしたことがありました。

「百葉集」という特選20選に選んでいただいていたのです!!

永田和宏先生選

空港で「じゃあ」と自転車に乗るように夫は向かった危険な国へ

この歌は、一年ぶりに一週間ほど帰国した夫が赴任地へ向かう日、子供達と私とで空港まで見送りに行ったときのことを詠んだものです。
夫の赴任先は非常に治安が悪く、私も一度行ったのですが、コンビニの入り口や銀行の入り口にはマシンガンを持った警官が立っていたりしてびっくりさせられました(汗)
そんな国へ向かうのに普通に朝の出勤をするような顔で「ほな、行ってくるわぁ~へへ」と言ってゲートの中へと消えて行ったのでした。
その姿がまるで、自転車に乗って出勤するような姿に見えたのです^^

今回「百葉集」に載せていただいたことが何よりも嬉しく、私の励みになりました。



第10回 かとちえ短歌ストーリー

第10回 かとちえ短歌ストーリーで優秀作に選んでいただきました。

今回のテーマは「病院」

実は私、結構ひ弱で(汗)なんだかんだで過去に出産を除いて5回ほどの入院歴があったり、その後病院の病棟受付の仕事に携わったりと「病院」というところには縁があるのですが・・・・・・

今回は、「病院勤務」の立場で詠んでみました。

病棟受付(クラーク)の仕事は幅広く、入院患者さんを迎えたり送ったり、患者さんのナースコールにも対応したり、それから病棟内の医療用品の在庫管理をしたり、はたまたナースの勤務表を作ったり、カルテを作ったり、まぁその他もろもろ、何でも屋さんなんです^^ほぼ座っていない受付です^^
そして時には患者さんの愚痴聞きなんかもしたりして^^

病気をされて入院してこられた患者さんが、みるみるうちに良くなって退院されるときは、こちらまで嬉しくなっちゃいます。それから途切れかけた命から見事に生還なさって退院される方など見送るときには感慨ひとしおです。

で、そんなことを歌にしてみました。

退院の君が朝陽に溶けるのをここで見送る くしゃくしゃ顔で

この歌では、分け隔てなく接する従事者が恋をしてしまうちょっと切ないお見送りをイメージしました。
最後まで気持ちを言えないままに、こっそりとナースステーションの窓から見送る。そんな感じです。

そしてボツ作品はこちら

四六時中枕元に居て君をみる体温計にわたしもなりたい

短歌研究11月号

今日お友達から教えて貰って知りました。

「短歌研究11月号」に私の投稿した歌が掲載されているらしいです!
11月号は穂村弘コーチによるコーチングが受けられる月だったので、前に投稿していたのですが、コーチングの連絡がなかったので「ぁぁ、ボツだったんだぁ」と思っていたんです。

今私の手元に本がないので、どんな風に掲載されているのかも知らぬまま、嬉しかったのでとりあえずご報告^^

同じ11月号には私のお友達であるほたるさんの短歌も掲載されている模様です。
題詠100首で一緒だったほたるさん。
この人の感性は素晴らしいものがあると思います。


さっそくwebにて本をgetしちゃいます。

ぁ、ちなみに掲載短歌はこちら

呑むほどに妖怪の如く変化(へんげ)する甘き水は酸いや苦いに

なにやら酔っ払いな歌^^
でも酔っているのはお酒にではなく恋なのでした。

夜はぷちぷちケイタイ短歌(夜)

またまた「食」に関するニュース

伊藤ハムのソーセージは、うちの冷蔵庫にもいつもあるわけで、ニュースを聞いて慌てて捨ててスーパーへ行きました。そしたら

「関西地方への影響はありませんのでご安心ください」という張り紙が・・・・

片っ端から捨てたじゃないのぉ(泣)

またまた慌てんぼうぶり発揮しちゃいました。

でもこういうニュースを耳にするたびに思うんですが

食品会社に勤務する方々は自社製品食べないのかしら。

自分達も口にすると思ったら、もう少し神経質にならないのかなと単純に思います。


さて、先週日曜に一首だけ投稿していた歌が採用されていたようです(汗)

だいたひかるさん選。(放送外採用)

どうしたの?と聞いてほしい人に限って電話番号もう出てこない

す、素直に喜んでおきます。有難う御座いました。
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
最新記事
メールフォーム
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

西野明日香

Author:西野明日香
ようこそいらっしゃいました!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。