スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

押し寄せる波に足元掬われて削られてゆく愛の礎


スポンサーサイト

不安

窓越しに薄ぼんやりと映る山 惑わされない私が欲しい

揚げ足

一粒の山椒を噛んだときのよう取った揚げ足取り返されて

フランス人形

存在が薄れてしまったピアノを知るフランス人形のケースは曇り

震災

バーベキュー食みつつ想う黎明のこの町に見た震災の空

面接

一日のたった10分で図られる向き不向きそして私の人生

情熱を図る手立てが言葉なら私は情熱なき人間かな

かむ

くちびるをかむ理由さえ言えないとわたしだけが知る君の生き方

怒る

もう笑うしかないという君と一夜怒りの峠にわれは寄り添う

稲穂

このまちに生まれて良かった秋の夜に稲穂の香りほのかに揺れる

ココア

カウンターの無垢の匂いが薄れてく今日のココアにあなたが居ない


君の優しさ

指紋さえ残らぬ白き山肌に葬り去りぬ君の優しさ

焦点のぼやけた目をしてマスターは怪しいふたりの影に溶け込む

君と取るバイキング式の朝食にも私にないもの君にはあった

人を解かすためにあるよう「あまやどり」のココアはシオンの影から出される

とびきりのドレスで行きたい「CoCo一番」君と最後のしるしをつけに

にんじんの先ほどの赤き爪を磨ぐ君の基板を撫でるために

スキー

スキー履く吾はからっぽの心抱き風となるための追い風を待つ

頑固者

鍋の中でプクップクッと開いてく貝たちの中に頑固者がいる

信号が待てないほどの恋をして進めないほどの傷負いました

ああいびつな心のかたち雲でもなくシミでもなく例えようもない

タコとクラゲ

一日中タコとクラゲのように居て「メシは?」と君はやっぱり言った

祈り

滑らぬこと祈り迎える発表を桜柄茶碗洗えぬままに

すみれ

日日に消えゆく記憶恐れつつ座りいる女(ひと)すみれの如く

傲慢な雲に迫られて跳ね返す白いシャツ干す庭一面に

切れ端

捨てすぎてシュレッダーから毀れ落つ恋の切れ端拾えずにいる

缶コーヒーほらってあなたが笑うから遣り過せない終電を待つ

もう君を待てなくなってる手のひらに十二ページが残る小説

走る

今更に照らされていたと知る夜長埋もれた恋がまた走り出す

ゴールへと走り出したるラガーらのただひたすらの人生麗し

背まで伸びた髪をひとつに束ねたらまだ全速で走りたくなる


受験生の秋

啄木鳥の如き鉛筆の速度がまた少し速まる受験生の秋

月の光

充電をしてると思えばいいのです垂直に降る月の光で

隠す

隠さねばならぬこともある夕暮れの寂しきことなど単身想えば

カナリア

鷲になれ鷹になれよとカナリアに呪文唱えし吾もカナリア


恋心

コバルトの海ほど淡き恋心寄せては返すいくつになっても

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
最新記事
メールフォーム
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

西野明日香

Author:西野明日香
ようこそいらっしゃいました!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。