スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今夜はテレビで携帯短歌

12/22にいつものラジオ番組がTV放送されるということで、私もめっちゃ久しぶりに投稿してみました。

しかし投稿してみようと思ったのが締切りの3日ほど前だったので「冬」「恋」「付け句」の3つのお題の中から「恋」に絞って投稿することにしました。

先日、その中から3首、一応お気に入りをこのブログにも載せていたのですが^^
3首とも外して、またまた「へ?それ?」という歌2首が放送外で、採用されていました。
またまたびっくり^^

穂村弘さん選

まばたきをしない時間を競い合った初恋残して卒業できない

だいたひかるさん選

ていねいに面取りされたじゃがいももう崩さないこの恋も煮つめる

でした。
まぁ、解りやすいといえば解りやすい歌2首。

愛する穂村さんに一首くらいは採って欲しかったので満足です!^^

スポンサーサイト

テーマ : 自作短歌
ジャンル : 小説・文学

夜はぷちぷちケイタイ短歌(夜)

またまた「食」に関するニュース

伊藤ハムのソーセージは、うちの冷蔵庫にもいつもあるわけで、ニュースを聞いて慌てて捨ててスーパーへ行きました。そしたら

「関西地方への影響はありませんのでご安心ください」という張り紙が・・・・

片っ端から捨てたじゃないのぉ(泣)

またまた慌てんぼうぶり発揮しちゃいました。

でもこういうニュースを耳にするたびに思うんですが

食品会社に勤務する方々は自社製品食べないのかしら。

自分達も口にすると思ったら、もう少し神経質にならないのかなと単純に思います。


さて、先週日曜に一首だけ投稿していた歌が採用されていたようです(汗)

だいたひかるさん選。(放送外採用)

どうしたの?と聞いてほしい人に限って電話番号もう出てこない

す、素直に喜んでおきます。有難う御座いました。

夜はぷちぷちケイタイ短歌(夜)

あら??先週投稿したはずの歌が^^

東直子さん選

君の悲を全部吸い取る体温は上がりつつある絡まる足から

先日から詠んでいる「セクシャルな歌」ではありません^^
でも、ちょっとセクシャル??

この歌は、それこそ「一瞬の想い」を詠んだものです。

私って、二人で寝るとき変な癖があって、男性の脇の下と横に広げた二の腕の三角州にスッポリ頭を入れて丸まって、それでもって相手の太股に足を差し込んで寝る!
わけですが、その姿は、とても「君の悲を全部吸い取る」ほどのオンナの強さのカケラもない甘えん坊な姿なのであります。

が、しかし、

そんな私も大人のオンナになって、相手を癒せるほど強く逞しくなりたい!
という願望はあるのです。

しかし現実は・・・・・・・

翌日「あれ?私いつの間に寝た?」と聞くと「随分早くから丸まってらっしゃいました(汗)」というお決まりの言葉で朝を迎えることもしばしばです。

よしっ。こんな歌を詠んだ限りは!!!!!!^^ エヘヘ

ということで、東さん、有難う御座いました。

夜はぷちぷちケイタイ短歌(ネガティブ)

「ネガティブ王決定戦」という企画だった夜ぷち。

加藤治郎さん選。(放送外採用)

あきらめろ あきらめなさいと鍵盤はわたしの指先氷にするの

でした。

私は4歳の頃からピアノを弾いてきて、いくつになっても演奏会では緊張で体がバラバラになってしまいそうになっていました。
どのようになっていたかというと。。。。。。

当日は、出番の3時間以上前に会場に入り、入ってからは絶対人とは会話しない。
楽譜を持ってはうろうろ。
5分置きにトイレで手洗い。(これはなんでか子供の頃からの癖^^)
いつもこれと決めた手袋を真夏でもはめる(色は赤と決まっているのです)
そして、本番。ピアノの前に座ると鍵盤から声が聞こえるのです(泣)
「やめてしまえ。あきらめろ」と・・・・・(泣)

てな具合になるわけで、そのせいで8年ほど前を最後に演奏会には出ない!!と決めたのでした^^

というのも、最後にとうとうドエライことをやっちゃったからなんですが(汗)
あの、まるで「のだめちゃん」のようなこと・・・・・
あれほど練習した曲なのに、当日ピアノの前に座ったら、すっかり楽譜が頭から消えており、最初の一音すらわからなくなっちゃって。。。。。。

結局、他の曲で誤魔化した。
なんていう事件があり^^
もちろん、プログラムにない曲を弾いているわけで、会場からドヨドヨドヨと・・・・

というわけで、ネガティブと聞けばあの忌まわしい事件を思い出してしまうのです(泣)
ま。私には才能のサの字もなかったってことで・・・・(超ネガティブ^^)

ところで、つぶやきさん・・・・・・・・・というところでトドメテおこう・・・・・・(謎)


夜はぷちぷちケイタイ短歌(夜)

夜はぷちぷちケイタイ短歌、テーマは「夜」

天野慶さん選(放送外)

交差する光と光の間にはわたしのような雑草がある

今週の歌は、自分でもあまり良いできではなかったと思います(泣)
そして投稿した中では私自身もやっぱりこの歌が一番マシかな・・・・・と思う一首でした。

天野さん、ありがとう御座いました^^

夜はぷちぷちケイタイ短歌(サスペンス)

携帯短歌「サスペンス」にて今回は、大好きな穂村弘さんとだいたひかるさんに選んでいただきました。
素直に嬉しいです!!

だんだんと濃くなりつつある嘘の匂い葡萄一房食べきるあいだに

最初は仲良く葡萄を摘まみながら会話していたのだけれど、ふとしたきっかけから「おや?」と思う発言があり、つい突っ込みを入れてしまった直後から、相手が取り繕うように喋り出した。それを聞きながら黙々と葡萄を食べることで、こみ上げてくるものを抑えようとしている自分の姿を歌ったものです^^
ヤナ女~~^^

夜はぷちぷちケイタイ短歌(匂い)

初めての挫折を味わう子の前でわたしはとにかくシチューを煮込む

東直子さん、だいたひかるさん選(放送外)

ありがとうございました!!
この歌は、「初めての挫折を味わう子のためにわたしはとにかくシチューを煮込む」
という風に改作して再投稿したのですが、改作前のこの歌を採っていただいたみたいです。
どんな言葉をかけたらよいのか、落ち込んでる姿を見ていてこちらも辛くなります。
せめて大好きなシチューを!とシチューを煮込みながら、私までが落ち込んではいけないと思ったことがありました。

夜はぷちぷちケイタイ短歌(散歩で見っけ)

斉藤齋藤さん選(放送外)

ああ9月だ 暫く休んだたこ焼屋が動き始めたバス亭前にて

でした。

こちらの地方では、各町内に1軒はある「たこ焼き屋さん」を歌ってみました。

夜はぷちぷちケイタイ短歌(旅の思い出)

今夜のテーマは「旅の思い出」でした。

天野慶先生に選んでいただいた作品です。

暫くはやわらかな風の感触を抱きつつ歩くアスファルトの上

でしたっ!

今回3週間ほど放送がなく、のんびり構えていて最後の1週間で何首か詠んで投稿したうちの2番目に気に入っていた歌です^^
有難う御座いました。

私は小旅行が結構好きで、半年に一度くらいはちょっとした旅に出るんですが、旅の感触をなんとか半年もたせて、追われる日常生活をクリアすることを繰り返しながら居るわけです^^
それをそのまま歌にしたのがこの歌でした^^

採用外の作品は、いつもの「一瞬の思い」のカテゴリーにてupいたしまーす^^

夜はぷちぷちケイタイ短歌(海、きっかけは・・・・)

今夜も放送外でしたが(泣)
だいたひかるさんに2首選んでいただきました。タイトルは「海」

皮肉にも飲み干されたるペットボトルそれさえ海の上では輝いている

これは、何をやってもうまく行かない、報われない自分が居て、ゴミさえも輝いているのに・・・・・ というやるせなさを歌ったんですが、私自身いくつか投稿した中ではあまり気に入ってなかった歌です。
ていうかこれ。。。。物凄く字あまりだ(泣)


そしてもうひとつ。テーマは「きっかけは○○」では

瞬間に冷凍された感性を短歌にのせて解凍してゆく

どちらも、だいたひかるさんに辛うじて拾っていただいた歌でした^^

スランプの中で、無理矢理詠んだ歌ですが、これを励みに頑張りまーす。

夜はぷちぷちケイタイ短歌投稿歌(海)

窓越しにチョコ噛みつつ観る夏浜の無声映画 終えゆく夕暮れ<

放送外ではありましたが、穂村博先生に選んでいただけました!!
この歌は、ついこの間(ここにもupしていますが)詠んだものです。
投稿した中で一番気に入っていたというか、思い入れの深い歌だったので、選んでもらえてすごーーく嬉しいです。

このまますんなり読んでもらっても良いのですが、実はこういう意味で詠みました。

夏浜に二人で行った思い出を部屋の窓辺で今年の夏は回想していて、ぼんやりしているうちに夕暮れになってしまった。もう終わった恋なのだとやっと自分の中で整理をつけた。というような、歌意でした。
けど、そういう内容が歌を読んだ人には伝わりにくいですね。。。(汗)
まだまだだぁ・・・・(泣)

夜はぷちぷちケイタイ短歌投稿歌(時)

今週は歌人で大木恵理子先生に選んでいただきました。


言い聞かす時給少なきパートでも自己満足でプライド保つ


この歌も投稿したことすら忘れていた歌でした(汗)
「自己満足」をいつも心に言い聞かせて仕事していた頃を思い出して詠んだものですが、どれだけやってもナニゲに認めてもらえないパート時代。仕事は自己満足でやるものだ(泣)と、よく呟いたものです。

夜はぷちぷちケータイ短歌投稿(時、好きな声好きな音)

どこやらでポンポン菓子の爺おると米持て走る幼き夕暮れ

今週は、これを取り上げてくださいました。
うぅぅ、私としては「時」がテーマの作品が気に入っていたのですが・・・・(泣)
でもまぁ、人に良しとしてもらえるのは励みになりますね。うん。
有難う御座いましたっ!

ちなみにこの歌は、私自身の幼い頃のことを詠んだのですが、ポンポン菓子が大好きで、あの「ポーーーーン」と言う音が町内に響いて、お昼寝していても何をしていても、ポンポン菓子の爺ちゃんが来るたびに、お米を1合持って走った思い出があります。
今はもう、あまり聞こえてこない音ですが、時折懐かしくてたまらなくなります。

甘栗を剥く時の君の幸せをわたしにもひとつ分けて下さい

この歌。。。。最初に詠んだのはこれで、後で少し変えた歌だったんですが。

甘栗を剥く時の君の幸せを眺めるだけの幸せもある

こちらが変更後の歌でした。
うーん、私としては、後の方が好きだったけど、どちらの歌も東直子先生に選んでいただけたので嬉しかったですっ!

夜はぷちぷち携帯短歌(NHKラジオ)投稿歌より

今月のテーマ「時」で天野慶さんに選んでいただけたのは嬉しかった^^

六十億 それぞれの時この時在り わたしはまんざら不幸でもない

この歌は、ちょっと苦しいときに詠んだ歌だったので、なお更嬉しかったです。
てか、投稿してたことも忘れてた^^
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
最新記事
メールフォーム
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プロフィール

西野明日香

Author:西野明日香
ようこそいらっしゃいました!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。